1407ウエストHD 買った理由 売った理由 投資結果+67%

みなさん、こんにちは。

今回は、先日売却して利益が確定した1407ウエストHDへの投資について振り返ってみたいと思います。

 

私は10年以上年率20%を達成し続けていますが、その僕がどのように投資の意思決定をしたのかをお話ししたいと思います。みなさんのお役に立てれば幸いです。

 

それでは早速本題に入りましょう。

 

1407ウエストHD 投資結果総括

 

では、まずウエストHDへの投資で得られた結果についてのサマリーです。

 

1407ウエストHD

投資期間:2018/11〜2020/1

投資結果:+67%

 

上に書いた通り、投資した期間は2018年11月から2020年1月までの1年3ヶ月です。保有期間としては、中期くらいでしょうか。また、投資結果は+67%という結果になりました。保有期間と比較するとまずまずの結果だったと思います。

 

ポートフォリオの中でもそれなりの割合を占めていたので、金額にしても500万円近く収益が上がった計算になります。余談ですが、ある資産額以下までは毎月の給与収入や副業からの収入が投資収入より大きいですが、資産額が大きくなると投資収入が圧倒的に増えてきます。ですので、今は少なくてもゆっくり着実に資産を増やしていくことが大切です。

 

では、私がなぜこの会社の株を購入しようと思ったか?、保有期間の出来事を振り返りつつ、最終的に売却した経緯を話したいと思います。

 

購入した理由

 

ウエストHDは2018年の秋頃購入しましたが、当時の株価は1000円程度で、PERは8倍、PBRは1.5倍程度だったと記憶しています。

 

PER、PBRについて知らない方は下記のリンクをご参照ください。

 

 

PER8倍というと、年間純利益を8年で取り戻せる水準ですから、投資対象としては魅力的な水準だと言えます。PERについては語り出すと長くなってしまいますが、低ければいい、高ければ悪いと簡単に言えるものではなく、その企業の成長率、収益率、収益の特性と比較してPERがどうなのか?を判断すると投資精度が上がってきます。

 

ウエストHDの場合、成長率は20%程度成長しており、また次年度以降の会社予想も20%成長を予想していました。これだけでもPER8倍は安すぎる水準と私は判断しました。

 

資産面での評価は、PBR1.5倍ですので、特段飛びつくような水準ではありませんでしたが、前述の成長性を鑑みると、適正なリスクレベルだと判断しました。

 

ウエストHDはこの通り将来性のある会社だと思いますが、景気に敏感な建設業界に属していることが嫌気され割安に放置されていました。

 

しかし、業界と個別企業の業績は必ずしも相関するわけではないので、私は投資することにしました。結果的にはこれが功を奏したことになります。

 

好決算&増配で株価は順調に上昇

 

購入してからは多少の波はあったものの、株価は順調に推移してくれました。

 

四半期ごとの決算は非常に良く、さらには増配も発表してくれたので、どんどん株価が上昇してくれました。

 

話はわき道にそれますが、株価が低迷していても決算が良いなど実際の会社の状態が良ければ、その株を売ってしまうのは問題です。辛抱強さが大切です。

 

売却した理由

 

株価のほうは順調に推移してくれましたが、得てして株価というのは行き過ぎるものです。ウエストホールディングスも例外ではなく株価は2000円近くまで上昇し、かなり過熱してきました。

 

長期的に見れば2000円という価格はそれほど高いとは思いませんが、短期的に見ると少しオーバーシュートしているかなと思いました。また、決算内容にも少し陰りが見えてきたので、株価の高いうちに売ることにしました。(あくまで個人的見解です。投資にあたってはご自身で判断してください)。

 

 

 

ただし、有望な銘柄であることは間違いなく、株価が下落するようなことがあれば買いたい銘柄の一つです。今の相場環境は割安で買うのは難しいのでひとまず利益確定して現金余力を高めていくことが大切だと思います。

 

というわけで今回は以上になります。よろしければSNSでいいね!、共有をお願いします。それでは。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG