7つの金持ちが買い、貧乏人が買わないもの

今回の記事では金持ちが買い、貧乏人が買わない7つのものについて紹介します。

金持ちと貧乏人の違いはお金を持っているかどうかではなく、資産を持っているかどうかです。

金持ちは資産を買います。

一方、貧乏人は資産だと思っているが実は負債のものを買います。

そのため貧乏人は支出が多くなります。

今回は金持ちが買ったり所有する7つの資産のタイプについて紹介します。

 

①ビジネス

まず最初の金持ちが買うタイプの資産は「ビジネス」です。

ほとんどの金持ちは自身の会社やビジネスから資産を築き上げています。

マイクロソフトのビル・ゲイツや、アマゾンのジェフ・ベソスなどたくさんの資産家は自身の会社を持ち、資産を築いてきました。

またはいろいろなビジネスや会社に投資をして資産を築いています。

一方で、貧乏人が所有しているのは「仕事」です。

彼らは毎月月末に給料をもらいます。

金持ちになりたければ給与収入だけでは絶対になれません、

金持ちになるためにはビジネス収入からでしかなることはできません。

なぜならビジネス収入ではレバレッジが使えるからです。

ビジネスを所有していれば、他人の時間、お金、資源、能力をレバレッジとして使うことができます。

稼ぐ能力というのは自分がどれぐらい働いたかではありません。

レバレッジを使えば1を10に、あるいは1を100にすることもできます。

あなたが市場により大きなインパクトを与えたり、より大きな価値を与えるのにレバレッジは非常に有効です。

これが金持ちがビジネスを所有する理由です。

 

②骨董品

第2の資産は「骨董品」です。

ここについては私は少ししか知りません。

1万円の絵画を100万円の絵画の違いは正直分かりません。

しかし、価値を見分けられる人にとっては資産になりうるのです。

例えば私はスターウォーズのダースベーダーのフィギュアを持っています。

家族は「そんなの資産じゃない」と行ってきますが、私にとっては資産なのです笑

 

③車

第3の資産は「車」です。

 

まず誤解のないように言っておくと、一般的な車は「負債」です。

一般的に多くの人が車を「移動」のために所有します。

そのような場合は、車は持っているだけで、ローンの支払い、税金、タイヤなどの消耗品代などでお金が失われていきます。

資産はお金をあなたのところへ流れ込ませるものです。

一般的な車はあなたからお金を奪っていきますので資産ではありません。

では、なぜ一般的でない車は資産になるのでしょうか?

一般的でない車とは、お金持ちが所有している高級車やクラシックカーなどです。

このような車は年数が経つにつれて価格が上がります。

クラシックカーなどはかなりの年数が経っているはずなのに高値で売買されます。

買った後に価格が上がるものは資産です。

④不動産

この資産は金持ちの間でもっとも有名な資産だと思います。

ほとんどの金持ちは不動産を通して資産を作りました。

不動産といっても様々なタイプの不動産があります。

居住用か商業用か。

居住用というのはマンションや戸建てを指します。

商業用不動産というのはショッピングモール、ホテル、オフィスといったものを指します。

2つの大きな違いのあるタイプが不動産にはあります。

また投資戦略にも様々なタイプがあります。

ホールドか転売か、改修するか、Airbnbのようなサービスで貸すかです。

ではなぜ多くの金持ちが不動産という資産にお金を割り当てるのでしょうか?

なぜなら銀行が不動産を好きだからです。

彼らは不動産を買うために喜んでお金を貸してくれます。

銀行は不動産の安全性が好きなのです。

これが金持ちが不動産という資産にお金を割り当てる理由です。

 

⑤紙の資産

第5の資産は紙の資産です。

紙の資産というのは、通貨やファンド、株式といったものを指します。

資産というのはキャッシュフローを生むものです。

しかし一方で、金持ちは長い年月をかけて価値が上がるものを期待して資産を買うこともあります。

つまり通貨やファンド、株式といったものを買うとき、将来価格が上がることを期待して買います。

値上がりに賭けているのです。

紙の資産は不動産に比べるとお金に換えるのにとても簡単です。

不動産は売るのにとても時間がかかります。

また資金の借り入れをするのにも時間がかかります。

しかし株やファンドの場合はすぐに換金することができます。

私も紙の資産で多くの資産を築くことができました。

現在のポートフォリオはこちらで公開しています。

 

⑥知的財産

第6の資産は知的財産です。

知的財産というのは特許や商標、ブランド、著作権といったものです。

ディズニーやコカ・コーラは自身の商標、ブランドで数えきれないほどのお金を生み出しました。

彼らは彼らにしかないブランドを所有することで富を積み上げました。

 

⑦貴金属

貴金属というのは、金、銀、プラチナといったものを指します。

金は中国やインドなどで大きな需要がありますし、世界には一定以上自国通貨を信用していない人がいます。

そのような人にとって金は資産なのです。

経済危機時に金があがるのはそういった理由からです。

 

資産と負債の違いを知りたいならこのベストセラーがおすすめ!

「金持ち父さん 貧乏父さん」

読んだことのない人は今までのお金と時間を無駄に使っていたかもしれません。

私を含め多くの人の人生を変えた本だと思います。

読んで絶対に後悔しないですよ。

いかがでしたか?当サイトでは他にも様々な投資法を紹介したり、個別銘柄の分析、実際の私の投資銘柄も公開しています。気に入っていただけたら、お気に入りへの追加、下のSNSボタンから「いいね!」をお願いします。

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!