ステップ4:資本を「お金を生む仕組み」に変える

このサイトではお金持ちになるための方法論として、以下の5ステップを提唱しています。

 

 

今回はステップ4:資本を「お金を生む仕組み」に変えるにフォーカスして話をしていきたいと思います。

全体像についてはこちらを見てね。

お金持ちになるためには?【お金持ちへの階段5ステップを理解する】

 

貯金するだけでは1億円貯めるのに55年かかる!?

 

これまでステップ1~3まで収入をできる限り増やして、支出を抑え、資本(貯金)を作りましょう、と言ってきました。

 

お金持ちになるためにはこのステップは欠かせないと思っています。

 

しかし、逆説的なようですが貯金だけしていてもお金持ちには到底なれません。

 

それはこれを見ていただけば納得できると思います。

 

日本人の平均年収は400万円程度といわれています。

 

仮にステップ1~3の通り、収入を上げて年収600万円にして、毎月の支出を抑えてコツコツお金を収入の30%貯めたとしましょう。

 

そうすると年間で180万円貯められる計算になります。

 

お金持ちといわれる資産レベルは、人によって見解は異なりますが、仮に資産1億円としましょう。

 

そうするとこの人は億円貯めるのに、55年かかるという計算になります。

 

3,000万円でも16年かかります。

 

つまり、必死に収入を上げて支出を抑えても金持ちには到底なれない(なれても時間が途方もなくかかる)ということになります。

 

冷静に数字で物事を考えると、労働→貯金というプランがお金持ちになるプランではないということがわかります。

 

では、どうすればいいのか?

 

答えは、このステップ4、5にあります。

 

普通の人は貯金をするからお金持ちになれない

 

貯金をするだけではお金持ちには到底なれないということがわかりました。

 

一般的な普通の人は貯金だけをします。

 

なのでお金持ちになることができないのです。

 

お金持ちになるには、貯金で貯めたお金を「お金を生む仕組み」に変えないといけません。

 

これが分岐点でもあり、必須条件になります。

 

私も貯金したお金をひたすら「お金を生む仕組み」に変えてきたので、人よりお金を持てるようになりました。

 

ただ、お金を買える仕組みに変えると言われてもちょっと抽象的過ぎてよくわからないですよね。

 

具体的に言うと、お金がお金を生む仕組みを買いましょうということです。

 

私が考える「お金がお金を生む仕組み」とは、以下のものです。

 

1.ビジネス
2.有価証券
3.不動産
これらをひたすら買っていくことで、お金持ちへの道を歩むことができます。
なぜこれらのものを買うことがお金持ちにつながるのか、私の事例を紹介しましょう。

貯金vsお金に働いてもらう

 

ビジネスや有価証券、不動産、これらは、お金にお金を生んでもらう不労所得と呼ばれるもので、いずれも私が大好きなものです。

 

その中でも私が一番好きなのは有価証券。とりわけ株式です。

 

株式の良いところは保有しているだけで、収入が入ってくるところです。

 

株式には配当と呼ばれるものがあります。

 

配当とは、企業が利益をあげた一部を利益還元として株式保有者に支払うものです。

 

なぜ株式保有者に利益の一部が支払われるかというと株式会社は株式保有者のものだからです。

 

詳しくはこちらを見てください。

関連記事

この記事では、株の基本について解説しています。   「株ってなんのこっちゃ」という方から「株ってどうやら儲かるらしい」とどこかで聞いたことのある人まで株に興味のある方に向けて、株の仕組み・基本を解説していきます。 […]

株って何?

 

さらに株式はそれ自体が値上がりするので、売却すれば売却益を得ることができます。

 

私は、この株式投資により10年間年率20%を達成し続けてきました。

 

貯金で得られる利息は0.1%とかですから、皆さんが貯金をしている間に私は年間で20%以上も利息のようなものをもらっていたことになります。

 

その結果、私の資産は貯金だけしている人より大きな差を持つことになりました。

 

下の表を見てください。

 

10年間貯金だけをした人と株式投資をした人の比較です。年間100万円ずつ貯金して、利息ほぼ0%の預金と20%の利率で株式投資で運用した違いです。

 

論より証拠。10年目の資産額の違いを見てください。お金を生む仕組みを買うことがお金持ちへの道だということが良くわかると思います。

 

 

まずはやってみよう!

 

千里の道も一歩から。まずはやってみることが大切です。

 

貯金だけするより仕組みを買ったほうが利口な戦略だということは誰の目にも明らかです。

 

となるとあとはやるだけ。実行したかどうかで10年後大きな差がつきます。

 

でも自分で株式投資するのは少し怖いなという人は投資信託から始めてみるのもいいと思います。

 

投資信託は株式投資のプロの金融機関の人が運用してくれるので、あなたは何もする必要がありません。

 

投資信託については以下の記事を参照していただきたいですが、もう知ってるという方もおすすめの投資信託も紹介してますのでぜひご覧ください。

 

【完全解説】投資信託とは?おすすめは?

 

もし、投資信託でなく自分でやってみる!という人はぜひ下記記事を読んでみてください。

 

私の株式投資のノウハウをほとんど公開しています。

投資初心者のための株式投資年率20%までのロードマップ

 

それでは。Let’s Take Action!

 

関連記事

このサイトではお金持ちになるための方法論として、以下の5ステップを提唱しています。     今回はステップ5:「お金を生む仕組み」を強化するにフォーカスして話をしていきたいと思います。 全[…]

関連記事

このサイトではお金持ちになるための方法論として、以下の5ステップを提唱しています。     今回はステップ3:資本を作るにフォーカスして話をしていきたいと思います。 全体像についてはこちら[…]

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG