ステップ3 資本を作る

このサイトではお金持ちになるための方法論として、以下の5ステップを提唱しています。

 

 

今回はステップ3:資本を作るにフォーカスして話をしていきたいと思います。

全体像についてはこちらを見てね。

お金持ちになるためには?【お金持ちへの階段5ステップを理解する】

 

資本を作る意味とその重要性について解説

 

お金持ちになるためのステップ3つ目は資本を作ることです。

 

この資本を作るというのは言い換えると貯金を作る、種銭を作るなどと言えますが、資本を作ることは次のステップに行くにあたって非常に重要です。

 

次のステップでは、ビジネス収入・株式などの有価証券からの収入・不動産からの収入に変えていくことになるわけですが、これらをする上で資本はあればあるだけ良いです。

 

もちろんなくてもアイデア次第で始めることはできます。「お金がない」=ビジネスを始めない理由にならないと僕は思っています。

 

一方で、3つの不労所得(ビジネス・有価証券・不動産)は資本がないと安定性に欠けるという側面も理解しておかなければなりません。

 

手元資金がないということは借入金に頼ることになりますが、この借入金がくせ者です。

 

借入金は売り上げや収入の目途が立たなくても必ず支払いが発生します。

 

特にスタートアップ時や投資初期は借入金の返済が重くなる傾向になります。

 

借入金が返済できなくなったら倒産あるいは自己破産となりますので、これは絶対に避けなければなりません。

 

だから自己資本をしっかり作っていくことは不労所得の安定性を高めることになり、自分を守ります。

 

貯金できない人はビジネス・投資のスタートラインにすら立てない

資本を作るというのは、得られた収入の中でいかに支出を減らしていくかという作業ですが、私は、資本を作れない人はビジネス・投資のスタートラインにすら立てないと感じています。

 

よく「お金がなくても始められる!」みたいなものを見ますが、たしかにその通りであるとは思いますが、安定性という意味で先ほど言った通りで、さらに資本を作れない人はビジネス・投資をうまくやっていけるかものすごい疑問です。

 

ビジネスにしても投資にしても、収入の中でいかに支出をコントロールしていくかというのは個人の資本を作る段階と共通しています。

 

資本を作るのは意識の持ちようで、MBAは必要ありません

 

自分の貯金も作ることができないのにビジネスや投資でうまくやっていけるのかは甚だ疑問です。

 

まずはこの資本を貯めるというのをしっかり行いましょう。

 

関連記事

このサイトではお金持ちになるための方法論として、以下の5ステップを提唱しています。     今回はステップ4:資本を「お金を生む仕組み」に変えるにフォーカスして話をしていきたいと思います。 […]

関連記事

このサイトではお金持ちになるための方法論として、以下の5ステップを提唱しています。   今回はステップ2:支出をコントロールするにフォーカスして話をしていきたいと思います。 全体像についてはこちらを見てね[…]

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!