増資とは?株価はどう反応する?特徴や株式投資で活用法を解説

増資とは?株価はどう反応する?

今回は、増資とは何かを解説していきます。

また、増資の仕組みを知るのと同時に、株価にはどのような影響が出るのかを知ることも大切です。

株価への影響についても解説していきますので、どうぞお付き合いください。

それでは、まずは増資とは何ぞやというところから解説していきます。

増資とは?

増資とは、簡単に言ってしまうと、企業が投資家からお金を集めてくることを言います。

企業がお金を集めてくるには以下の3つのパターンがありますが、増資はその中の一つです。

1.銀行からの借入金

2.社債を発行して資金を調達

3.増資


1.銀行からの借入金

銀行からの借入金は、企業がお金を調達するときに最もイメージしやすいものですよね。

銀行に金利を支払う代わりに、お金を借りてきます。

これはとくに説明不要だと思います。

2.社債を発行して資金を調達

企業は社債を発行してお金を調達することもできます。

国には国債という債権がありますよね。

それと同じで○○株式会社の債権が社債になります。

これは社債を買ってくれた人たちに金利を支払う代わりに、お金を借りる仕組みです。

3.増資

いよいよ本題の増資です。

増資は、株式を新たに発行することで、投資家から資金を調達します。

「株式を新たに発行するから、だれか買ってくれない?」

といった感じで、会社が株式を新たに刷って、その株式を買ってもらって、お金を集めることをいいます。

増資には3種類あって、

①公募増資

②株主割当増資

③第三者割当増資  があります。

それぞれの説明は以下に載せておきます。

①公募増資は、今説明したような、不特定多数の人に「だれか買ってください」と募集する形。

②株主割当増資は、既存の株主に株式の割当てを受けられるようにすること。

③第三者割当増資は、提携先や取引先などの特定の第三者に対して募集する形。

一般的に個人投資家の皆さんに関係があるのは①の公募増資の場合です。まずは①公募増資の仕組みを覚えるだけでも十分でしょう。

増資は、企業がお金を調達する手段の一つ。また増資の中でも3種類の方法がある。

でも、そもそも企業がお金を借りるのはなぜでしょうか?

それは、企業が新しい事業を始めたいときや研究開発などでお金を使いたいときに、企業内にお金があればいいですが、なければ新事業を始めることもできませんし、研究開発もすることができません。

そんなのときに、他からお金を借りてきて、将来のための投資をするのです。

ですので、投資家の皆さんは企業がお金を借りに来たとき(公募増資をしたとき)、その資金は有効に使われるのかきちんと判断する必要があります。

繰り返しになりますが、新規で調達したお金の使い道が、良い意味なのか悪い意味で使われるのかしっかりと見極めなければなりません。

では話は変わって、増資をすると、株価にはどのような変化が起きるのでしょうか?

次の章に行く前に、株価は上がるのか、下がるのか、予想してみてください。

増資をすると株価はどうなる?

増資は、新たに株を刷って、お金を調達することでした。

では、増資をすると株価はどうなるのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、

株価は下がります。

なぜ、増資をすると株価が下がってしまうのでしょうか。

一言で言うと、それは、株式の需給関係が悪化してしまうからです。

増資は新規で株を発行してお金を調達することだと説明しました。

つまり単純に株の数が増えることになります

株を持っている人は利益や配当を持ち分に応じてもらうことができますので、

増資をしたら今まで株を持っていた人は、自分の持ち分が減ってしまいます。

つまり既存の株主にとっては、株式の価値が下がるのです

例えば、

100円という利益、配当を100人で分け合っていたときは、1人1円もらっていたのに、

増資をしたことで100円という利益、配当を200人で分け合わなければならなくなったら1人0.5円しかもらえなくなります。

これでは、増資をする前に株を持っていた人にとっては最悪ですよね。

それで、「こんな株持っていてもしょうがないや」といって売ってしまうことで、株価が下がるのです。

増資をすると、既存株主にとって悪材料なので、”売り”になり株価は下がる
それでは、増資になったときにその株を持っていた場合は売ったほうがいいのでしょうか?またその株を買わないほうがいいのでしょうか?
これには、増資の目的を知ることが大切です。
増資は一概に悪いものではなく、良い側面もあります。
例えば、増資をすることで、新しい事業にお金をつぎこむことができ、その事業が成長し、新たな利益を生むことができれば、株主にとっても新たな利益になるわけです。そうすれば配当も増えるだろうし、株価も企業の成長に沿って上昇していくことが見込まれます。
このように増資をすることで企業が成長し、株主が最終的に報われるような増資であれば、その増資は良い増資ということになります。
しかし、悪い増資、見込みのない事業対しての増資や増資を乱発しているような場合は、そのような企業は避けたほうが無難です。
たいていそのような企業の信用は地に落ち、株価もボロ株当然なことが多いので、そのような企業がまた増資をしても株主が報われることは皆無でしょう。
したがって、まとめると、増資を発表した際は、その目的を見て、将来株主が報われると感じれば買ってもいいでしょう。
増資をした際は、その目的をきちんと確認しよう。増資を乱発しているような企業は要注意!

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!