【複利効果を解説】長期投資の運用で莫大な資産を作る方法

この記事では複利効果を解説。また、複利を使ったおすすめの運用方法を紹介。
複利を使った場合、100万円が30年後どうなるかシミュレーションを掲載しています。

複利効果とは?

株式投資をする上で絶対に押さえておきたいポイントとして複利効果というものがあります。この複利効果を発生させることで、株式投資で莫大な資産を作ることができます。ぜひ株式投資をする際は複利効果を意識してやると良いです^^

 

では複利効果のすごさをお伝えする前に、複利とは何かについてご説明したいと思います。

複利とは、利子を使わずに元本に組み入れ再投資することを言います。

複利・・・利子を使わずに元本に組み入れ再投資すること
 
例えば、元本が100万円あるとします。利息は10%とします。
すると1年後のお金は利息分の10万円を足して、110万円になります。
1年目終了時点の資産

100万円(元本)×1.1(利息)=110万円
この利息分を使わずに取って置き、2年後はどうなるかというと
2年目終了時点の資産

110万円(1年後の元本+利子)×1.1(利息)=121万円
になります。
 
逆に、1年目終了時点の利息分の10万円を別の口座に移してしまい、2年目の始まりが100万円とすると2年目が終わった時は120万円になります。これを単利といいます。
100万円(利子を除いた元本)×1.1(2年目の利息)+10万円(1年目終了時点にもらった利息)=120万円
 
単利と複利では、2年後に1万円の差が出ました。ただ、利子に利子がつくか、つかないかの違いだけでです。たかが1万円の差がですが、単利と複利では長い年月をかけると大きな差が生まれます!
それは単利は足し算の世界だが、複利は掛け算の世界だからです。
 
単利のように2+2+2+・・・より複利のように2×2×2×・・・のほうが年数がたつほど数字が大きくなるのは必然です。
これが単利と複利の違いであり、複利効果のすごさです。
 

単利と複利の違い

では、単利と複利ではどのくらい違うのでしょうか。
元本を100万円、利息を10%として30年間の元本の増え具合をグラフ化してみました。
単利と複利の違い
一目瞭然、複利がとてつもない差を生み出しています。
30年後、単利では390万円にしかならなかったのに対し、複利では1586万円になりました!
利子を再び元本に組み入れるかどうかでこんなにも大きな差が生まれています。
したがって、金融投資では絶対に複利で運用すべきです。
 

世界の偉人も複利効果のすごさを認めている

 
複利のすごさは歴史上の偉人も認めています。
アメリカの大富豪ロスチャイルドは、
世界の七不思議はわからないが、
八番目の不思議が複利であることは確かだね
と語っています。
また、アインシュタインも
複利は人類最大の発明だ
と語っています。
複利はお金を増幅させる合法的マジックといえるでしょう。
 

利息のよる違い

では、元本100万円から複利で運用した場合、利息によってどの程度差がつくのか見てみましょう。
下のグラフは年利3%、5%、8%、15%、20%で複利運用した場合の30年間の資産の推移です
年利別複利シミュレーション
 
年率20%を複利運用すると、元本100万円が30年間で約2億4000万円程になっています。年率15%では7000万円程。しかし年率8%以下だと増えてはいるのですが、大局的にはさほど増えていないことがわかります。
このように年率(利息)によって時間をかけると大きな違いが生まれます。
そのため、年率何%で運用するかはその後の資産額に大きな影響を与えます。投資をする際はこの%を上げていくこと、に注力していくことが大事になります。
参考に下記に数値データも載せておきます。
年/年利   (万円) 3% 5% 8% 15% 20%
0 100 100 100 100 100
1 103 105 108 115 120
2 106 110 117 132 144
3 109 116 126 152 173
4 113 122 136 175 207
5 116 128 147 201 249
6 119 134 159 231 299
7 123 141 171 266 358
8 127 148 185 306 430
9 130 155 200 352 516
10 134 163 216 405 619
11 138 171 233 465 743
12 143 180 252 535 892
13 147 189 272 615 1,070
14 151 198 294 708 1,284
15 156 208 317 814 1,541
16 160 218 343 936 1,849
17 165 229 370 1,076 2,219
18 170 241 400 1,238 2,662
19 175 253 432 1,423 3,195
20 181 265 466 1,637 3,834
21 186 279 503 1,882 4,601
22 192 293 544 2,164 5,521
23 197 307 587 2,489 6,625
24 203 323 634 2,863 7,950
25 209 339 685 3,292 9,540
26 216 356 740 3,786 11,448
27 222 373 799 4,354 13,737
28 229 392 863 5,007 16,484
29 236 412 932 5,758 19,781
30 243 432 1,006 6,621 23,738

 

結論としては、以下ような運用をおすすめします。

①運用は複利で運用すること。利子は使わずに再投資にまわすこと。

②運用は時間がたつほど、結果に大きな差がつく。始めるなら早いほうが良い

③年利3%と20%では最終的に大きな違いになる。年率を上げる努力をしていくことが肝要

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

銘柄選択
Twitterで最新情報をつぶやいてます!

株式投資の最新記事8件