株式投資を始めるのに必要なお金・理想のお金はどれくらい?

こんにちは^^

今回は株式投資を始めるのに必要なお金・理想のお金はどれくらい?というテーマでお話ししていきたいと思います。

 

株式投資を始めるのに必要なお金~最低ライン~

 

まず、株式投資を始めるのに最低これぐらいは必要という金額をお伝えします。

 

結論から言ってしまうと、ずばり5万円です。

株を練習で始めたい方は5万円

5万円あれば銘柄は限られますが買うことができます。株というのは案外高いものでなくて、5万円程度でも全然買える銘柄がたくさんあります。とりあえず練習で始めてみたいという方は5万円で1つ株を買ってみるのがいいのかなと思います。

 

教科書的な回答はこうなってしまいますが、

これは本当に練習でやってみたいという人だけで、株で本気で取り組みたいと考えている人にはおすすめしません。言い方を選ばずに言ってしまうと5万円ではたとえ大勝ちしても得られる利益はごくわずかです。また本気で取り組むのであれば、株もある程度分散させて買わなければならないので、5万円では何銘柄も買うこともできません。

 

株を本気で始めたい方は20万円

ですので、株で本気で取り組みたいのであれば最低でも20万円は貯めましょう。

自分の考える本当の最低ラインは20万円だと思っています。私も最初は20万円からスタートしました。そこから今では1,500万円を越し、2,000万円までいきそうというところにまで来ました。

 

20万円あれば5万円程度の株を3,4つ買うことができますので、幅広い銘柄をみて選択するという作業が必要になってきます。この選択するという作業を通して、選択眼を養ってください。選択眼を養うことが大切で、資金の少ないうちに正しい選択眼を養うことができればその後は順調に資産を増やすことができます。

 

ですので、20万円というのは最低ラインかなと思います。でも勘違いしてほしくないのは、これはあくまで最低ラインです。理想を言えば資金量は多ければ多いほど良いです。なぜなら、20万円で年率10%稼いでも2万円にしかならず、普段の勤務先で働いて2万円得るほうがよっぽど効率が良く、資金が少ないほど非効率になるからです。

 

株式投資で得られる利益を年率○%と表すことが多いですが(これは年初の資金額に対して年末時点で何%増やすことができたかという意味)、株式投資の世界ではせいぜい平均すると7%という現実を知っておかなければなりません。

 

こうして逆算すると20万円では年率7%でも年に1万5千円くらいにしかならないという計算になります。ですので投資資金が少ないとどうしても絶対額を増やしていくという意味では非効率になってしまうということをおさえておいたほうが良いでしょう。

 

では、株を始めるのに理想的な貯金はいくらかというのを発表します。

 

株式投資を始めるのに必要なお金~理想的なライン~

 

まず結論から言ってしまうと、理想的なお金は500万円です。

 

株を始めるのに理想的なお金は500万円

 

株式投資で500万ぐらいあれば理想的な投資をすることができます。500万円で仮に株式投資の平均的なパフォーマンスの5%~7%を出したとしても年間で25万円~35万円の収益を生むことができます。これっていうのが会社などで働いた時に仮に時給2000円だとしたら150時間前後の労働時間に換算されます。(※日本人の平均年収400万だと時給はそのぐらいになると思います)

 

年間で150時間程度残業している方であれば、その分を株式投資の利益でまかなえたということになります。残業しなければならないという方はしょうがないかもしれませんが、残業代を稼ぐために働いてるのであれば、その残業をやめてさらに株式投資にかける時間を増やすということができます。

 

そうして株式投資に関する知識もさらに深まり、銘柄研究する時間も増えるので、投資成績もよくなっていくという好循環を作ることができます。ですので500万円というのは労働時間を減らし自由な時間を作ることのできる金額と思っています。

 

これが500万円を推す理由の一つです。

 

そしてもう一つ500万円を推す理由があります。

 

それは、分散投資で正統派の投資ができるという点です。例えば、500万円を10銘柄ずつ分散して1つの株を50万円ずつ買ったとします。そうすると1つの株が2倍に上がったら100万円になるので、その株を売って、今持っている他の銘柄を買い増したり、新たに2つ銘柄を増やすといったことが可能になります。

 

1つでも2倍になれば50万円増えることになりますから、貯金で貯めていくよりも株式投資で増えるお金のほうが早くなってくる頃かと思います。

 

さらに言うと、10銘柄程度分散できるのであれば、様々な特色を持つ株にいろいろと分けて投資することができます。例えば、投機的な銘柄と保守的な銘柄に分けて分散したりとか、1銘柄は金や原油といった商品系のETFを買ってみるとか、いろいろなバリエーションで投資することができます。

 

このような投資ができると投資成績はさらに加速していきます。一つがだめでも、もう一つの上がったほうを売って利益を確定させたりと、着実に利益を積み上げていくということが可能になってきます。

 

余談ですが、相場が調子が良い時は集中投資といって少数の銘柄に投資をして増やしていくのが効率的ですが、相場の調子が悪い時は集中投資はかなり結果がわかれる投資法だと思っています。うまくいけばいいかもしれませんが、うまくいかなければ今までの利益を吹き飛ばします。

 

自分も集中投資をして稼いできたときもあるので、一概にどちらがいいとは言いませんが、安定性という意味では分散投資のほうが優れていると思います。

 

では、500万円もないよ・・・という方はどうすればよいでしょうか?私がこれまでやってきた事例を紹介しつつ参考にしていただけばと思います。

 

500万円貯める方法

 

まず、結論から言うと、貯金に裏ワザはないので地道に貯めてください。

 

貯金を増やすには、収入を増やすか支出を減らすか、どちらかしかない

 

この一言が真実なのですが、これしか方法はありません。本気で貯金を増やしていきたいなら、収入をこれ以上増やすにはどうしたらいいか?支出で無駄なところはないか?を本気で見直してください。

 

私の場合、収入を増やすためにいろいろなビジネスを起こしました。また、支出の無駄を把握するために家計簿をつけて見える化をしたり、意味のないぜいたく品は買い控えました。

 

正直、大きな資産を作りたいと思っている自分にとって意味がないと思っていました。でも長期の目標を達成するには短期の目標を達成していくしか方法はないということを悟りました。だから短期的な収入を増やすための努力をしました。

 

みなさんはどうですか?本気で大きな資産を作りたいと思っているなら我慢の時期も必要かもしれませんよ。

 

でも大丈夫です。500万円という金額は無理な金額ではないと思います。もう500万円ある人はOK。ない人は少しずつ収入を増やすか支出を減らすかして貯めていきましょう。ある程度まで貯められたらあとは株式投資で増える金額のほうが多くなります。そこまでは頑張りましょう!繰り返しになりますが貯金に裏ワザはないです。

 

貯金500万円ない人のロードマップ

 

僕もそうでしたが、だれでも最初から500万円持っている人はいません。かといって500万円貯まるまで株式投資をやらないというのはおすすめしません。なので、株式投資を実際にやりつつ500万円貯めていくというのが理想だと思います。それをまとめると以下のようになります。

 

貯金20万円:株式投資デビュー!

まずは配当、優待、PERといった基本的な概念を元に株を買ってみましょう。何事も経験です。それと同時に収入を増やす努力、支出を減らす努力をしましょう。一番つらい時期かも知れませんが、だれもが通る道です。がんばりましょう。

 

貯金20万円→200万円:株式投資に必要な知識、勝ち方をマスターしましょう。

早ければ一年で200万円貯金できる方もいると思います。その間の一年を無駄にしないよう株式投資に必要な知識、勝ち方をいろいろな本や投資家を見て学びましょう。

 

貯金200万円→500万円:一年間勉強した知識を実践しましょう。

その中で有効な投資法はどれか、自分の投資法を確立させましょう。三年もあればその投資法が正しいかわかります(通常はそこまで待たなくても結果が出ます)。ここが一番大切です。自分で買えなくても焦らず幅広くウォッチリストを作ってどういう株価になったか経過観察していきましょう。

 

貯金500万円:本当の株式投資家としてのスタートライン

ここからが投資家としてのスタートラインです。投資法のブラッシュアップだけではなくて、ポートフォリオ全体の管理も大切になってきます。どの銘柄にどの割合で投資しようかといった戦略の部分を考えていく必要があります。この戦略が同じ投資法でも投資結果を大きく左右させます。

 

貯金1000万円:1日の値動きが会社員の月収くらいになる

貯金1000万円まで増やすことができれば、見えてくる世界も違ってきます。というのも、1日の値動きが会社員の月収くらいになるからです。すでに会社員としての収入からの貯金をあてにするよりも、いかに株式投資で利益を上げていくかが資産額に大きく影響します。

 

貯金1000万円以上:

貯金1000万円以上になれば、配当収入もかなりのものになり、生活がかなり楽になると思います。また、うまく株を売買していくことで、一般的な勤め人の年収を大きく超える額を稼ぐこともできます。1000万円以上の資産は貯金だけではなかなかできない水準になってきますので、いかに資産運用をうまくやっていくかが資産向上の鍵となります。ぜひここのクラスを目指して頑張っていきましょう!

 

今回の記事は以上になります。よかったと思ったらSNSで共有してもらえるとうれしいです。それでは。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG