ETFとは?投資信託との違いやメリット・デメリットを解説

ETFとは?

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、「上場投資信託」のことです。

イメージとしては、投資信託自体が、市場に上場しているイメージです。

投資信託についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

【完全解説】投資信託とは?

つまり一般的な個別企業の株と同様に、市場で売買取引ができるものです。

ETFは一般的な株式投資と同じように市場で売買できる”銘柄”。

ETFと投資信託の違いって?

投資信託は、東京証券取引所に上場していませんので、株価がありません。

一方、ETFは東京証券取引所に上場しているので、株価があり、通常の株と同じような感覚で投資することができます。

投資信託は株価の代わりに基準価格というものがあります。投資信託を販売している会社が、各々投資信託のテーマや戦略に基づいて運用し、儲かれば基準価格も上がって、投資信託を買った人も設けられるという仕組みです。販売会社は、手数料をとることで、利益を上げています。

ETF 投資信託
価格 市場価格 基準価格
購入場所 市場 銀行、証券会社など
購入方法 通常の株取引と同じ 1口 ○○円の基準価格で買う
投資額 様々。金投資だとかなりの資金が必要。 1万円前後

ETFを買うと、市場平均に投資をすることができる!

ETFは、市場平均に連動するように設計された商品です。

例えば、日経平均株価は皆さんご存知ですよね。

※もし知らないという方はこちらの記事を参考にしてください。【いまさら聞けない】日経平均株価とは?【完全版】

 

その日経平均株価に投資をすることができるのが、ETFなんです。

通常日経平均株価に投資するには、構成する銘柄を1つずつ買っていて、、、ということが必要になりますが、日経平均株価に連動するETFを買えばそのようなことせずとも、連動するように投資ができるのです。

ETFには日経平均株価以外にも様々な種類の指数に投資をすることができます。

★株式投資関連

日経平均株価

TOPIX

海外株価指数(ダウ平均株価、S&P500、新興国の平均株価指数)

★不動産関連

REIT(不動産上場信託)

★商品関連

原油連動

金・銀・プラチナ価格連動

穀物価格連動

★レバレッジ型

日経平均株価などの変動幅の2倍、3倍値動きするレバレッジ型

★インバース型

日経平均株価などの反対の値動きに連動するインバース型

ETFのメリット・デメリット

メリット

☑様々なアセットクラスに分散投資が可能

☑少額で分散投資できる

☑労力なしで市場平均のパフォーマンスを得られる

 

まず、第一にETFへの投資を通じて、様々なアセットクラス(資産)に分散投資が可能です。

先ほどETFには様々な指数に連動した商品があると申し上げました。

国内株や外国株の指数に同時に投資しておけば、国内の指数がだめでも、新興国の指数が爆上げしてくれたおかげで、全体としては良好なパフォーマンスを出すことも可能です。

さらにREITや貴金属投資をポートフォリオに加えることで、株式相場特有の価格変動の大きさを和らげることができます。

次に少額で分散投資ができるというメリットがあります。

例えば、不動産へ投資しようとするとそれだけで数千万円かかりますが、ETFの1種であるREITを買えば、都内の一当地にも数万円の少額で投資することができます。

このように現物への投資では、十分に分散投資ができないものへ、ETFなら少額の金額で分散投資することができます。

つまり、国内株、外国株、不動産、貴金属(金や銀)に少額ずつバランスよく投資することがETFなら可能になります。

三つ目に労力なしに市場平均の成績を手に入れることができるというメリットです。

個別株への株式投資となると、専門知識も必要になってきますが、ETFなら市場全体をバスケット買いすることができるので、個別株の選定に必要な知識も必要でなく、市場全体の成長に乗じることができます。

特に新興国への投資を考えている投資中級者、上級者の方も、個別株だと証券口座の開設から、語学の問題等々ハードルが高くなってしまいがちですが、ETFなら賢く市場をバスケット買いできるので、新興国の成長をそのまま自分の資産の成長につなげることができるのです。投資中・上級者のみならず初心者も簡単に市場平均を手に入れられるので手堅い手法だと思います。

これらのメリットからこれから投資を始めようという投資初心者にぴったりの金融商品と言っていいでしょう。

一方で、デメリットもあります。

デメリット

手数料・信託報酬がかかる

 

ETFは上場信託なので、持っているだけで、手数料を信託会社に支払わなければなりません。

どのETFでも指数連動の場合は、成績は同じになるので、購入の際は信託報酬の安いETFを購入するようにしたほうがいいでしょう。

まとめ

ETFは、賢く使うことで、自分の時間をセーブすることができ、投資に掛ける時間を少なくすることができます。また様々な資産に分散投資することができるので、それぞれの資産の良いところを享受することができます。これらから投資初心者はETFが最適で、ETFから始めてみるのが良い選択になると思います。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG