10年間年率20%以上の私が銘柄分析 【4676フジメディア】

銘柄分析レポート【4676フジメディアHD】

今回は4676フジメディアHDの分析を行いました。含み資産として有価証券、土地をたくさん持っている同社の投資する価値があるのか調べてみました。

 

何の会社?

フジメディアHDは、TV局フジテレビを保有している有名な大手メディアグループです。日本中のだれもが知る会社ではないでしょうか。最近はYouTubeなどインターネット媒体のメディアに視聴者を奪われ、業績は低迷しています。私自身もテレビを見なくなったなあと思い当たる節があります。それぐらい一昔前までの娯楽としてのTVの影響力は減ったのではないでしょうか。

業績は?

過去3年の業績は以下のようになっています。

(百万円) 17.3 18.3 19.3
売り上げ 653,976 646,536 669,230
営業利益 22,319 25,258 34,709
純利益 27,396 24,956 23,627

大体6,500億円前後の売り上げで、純利益は250億円前後といったところでしょうか。

さて、ここで突然ですが質問です。

上の表の業績、何かが通常と違っておかしいです。何がおかしいでしょう?

10秒見てわからなかったら下へスクロールしてください。

 

 

 

では、正解です。

正解は、営業利益と純利益がほぼ同額ということです。

※19.3期は除く。

通常、営業利益とほぼ同額の経常利益のあとに法人税が課せられますので、約6割掛けの数字が純利益になるはずです。

しかし、今回のケースは営業利益と純利益が同額になっています。

なぜでしょうか?

それは営業外利益が多いため、経常利益が増え、純利益もその増えた経常利益に対して法人税がかけられているからです。

今回のケースで言うと、経常利益の実績は以下のようになっています。

(百万円) 17.3 18.3 19.3
営業利益 22,319 25,258 34,709
経常利益 30,380 35,120 41,975
純利益 27,396 24,956 23,627

経常利益が営業利益を上回っていることがわかります。

つまり本業の利益以外でなにか稼ぐものがあるということです。

この”なにか”について結論からいうと、有価証券からの配当収入になります。

資産は?

それでは同社の有価証券がどれほどあるのか資産面を見ていきましょう。

資産のうち換金性の高い資産は以下のものを持っていました。

現金:756億円

受取手形:1129億円

有価証券:4853億円

計:6738億円

有価証券だけで4853億円も持っていました!

これに負債をすべて差し引くと正味で1267億円の換金性の高い資産を持っていることがわかりました。

さらに同社は、多くの土地・建物を保有していることもわかりました。

その額、4001億円です!

あの有名なお台場の土地も含まれています。

正味流動資産と土地・建物を合わせると5268億円になります。

現在の時価総額が3600億円ですから、資産の1/3の価格で買えることになります。

3600億円かけて買収すれば5268億円の資産が手に入り、毎年250億円の利益が出るビジネスが手に入ることになります。

私はこれをまたとない投資チャンスと思い、現在同社に投資をしています。

これから含み益が出てくるのが楽しみな銘柄です。

さらに同社は現在配当利回りが2.8%、株主優待として手帳がもらえます。

配当と優待をもらいながら、株価が資産価格に是正されるのを待つ戦略でいきたいと思っています。

以上、含み資産銘柄のフジメディアHDでした。

 

いかがでしたか?当サイトでは他にも様々な投資法を紹介したり、個別銘柄の分析、実際の私の投資銘柄も公開しています。気に入っていただけたら、お気に入りへの追加、下のSNSボタンから「いいね!」をお願いします。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG