株の情報収集おすすめサイト10選

悩んでいる人
株の情報取集をするのにおすすめなサイトを教えてほしいです。最近、株で勝つには情報取集をしっかりやらないといけないと感じて、いろいろと勉強しています。できればどのように活用すべきかも知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

本記事の信頼性
かぶタウン
かぶタウン
投資家(歴10年以上)
平均成績:年利20%(複利ベース)
資産額:8桁
年間投資収益は一般的なサラリーマンの年収より多い状態
かぶタウン(@kabutown
この記事を書いている私は、株式投資歴10年以上です。
平均成績は年利20%で、現在の資産額は8桁ほど。
年間投資収益は一般的なサラリーマンの年収より稼いでいる状態です。

この記事では、株の情報取集のおすすめのサイトについて解説していきます。

 

実際に稼いでいる投資家目線でどのように活用すべきかも解説しています。

 

本記事を読むと、株の情報取集をどこからすればよいかがわかり、株式投資の判断材料にすることができると思いますよ。

 

かぶタウン
情報取集は株式投資で勝つには超重要です

 

①企業のHP(IR情報)

 

情報収集で何よりも大切なのは、正確な情報です。早さも大切ですが、何より正確であることが重要です。その点、企業から発表される情報は、確定した情報であるため、信頼性が高い情報と言えます。まずは企業からの情報を情報収集の基本と考えると良いと思います。

 

企業からの情報には、投資家向けの情報(通称IR情報)に記載されています。IR情報は投資家の人たちに絶対に知っておいてほしい情報が記載されています。投資家保護の観点から法律により、上場企業であれば必ず発信しなければならない情報になります。そのため投資家に向けた重要な情報が発信されていますので必ずチェックするようにしましょう。

 

IR情報には、企業から発表される決算情報や配当、株主優待、資本政策に関する情報が発信されています。

 

投資したい会社、保有している会社のIR情報は必ずチェックしよう!

 

②TDnet

 

TDnetとは、日本証券取引所が投資判断上重要な情報を速報で開示しているサービスです。

 

企業から発表されたIR情報を日ごとにまとめてくれているサイトです。証券口座のニュースコーナーに連動しているところも多いので、保有株の開示情報は必ず見るようにしたほうが良いと思います。

 

また、TDnetでビッグニュースが発表された翌日はその株にストップ高がつくなど、投資判断上非常に重要かつ有益な情報が凝縮されています。短期投資で稼ぐのに有効な情報が詰まっているので、ぜひチェックしたいサイトです。

 

TDnet

③日経新聞とWSJ

 

株式投資は、企業から発せられるニュース以外にも経済や政治のニュースによっても株価が大きく上昇します。そのため、一般的な政治経済のニュースに目を通しておくことも非常に大切です。その点で新聞から得られる情報というのを私は非常に大切にしています。私の場合、2社の新聞を読むようにしていますが、世界一の投資家ウォーレン・バフェットは5社の新聞を毎日読むようです。バフェットは新聞を読むことを全投資家に推奨していて、私もその教えを忠実に実行しています。さすがに5社は無理なので2社のみですが・・・。

 

私が毎日読んでいる新聞は日経新聞とWSJ(ウォールストリートジャーナル)です。私の場合、日本の政治経済は日経新聞、海外の政治経済はWSJ(ウォールストリートジャーナル)と使い分けています。どちらも日本、海外の分野ではどちらか一方については詳しいのですが、一方は情報が少ないという印象があります。したがってお互いを補完する意味で、この2つが最高の組み合わせだと感じています。

 

日経新聞は月額約4000円、WSJは月額約2000円で読むことができます。どちらも最初の1か月~2か月は割引価格(無料)で読めて無料期間で解約もできるので、試してみてはいかがでしょうか?

 

日本経済新聞

ウォールストリート・ジャーナル日本版

 

投資家にとって新聞は必要不可欠な情報源

 

④NHKニュース7

 

その日あった出来事を知るのに新聞以外の方法としてTVニュースを見るというのがあると思います。TVニュースの良いところは、新聞よりも速報性がある点です。より早く情報を仕入れるという点でTVニュースをうまく活用すれば情報収集がはかどると思います。しかし、今は新聞でもネットで見れるので速報性には大差がないように思います。気軽に流せるという点では軍配が上がるかもしれません。

 

TVニュースの欠点は、新聞ほど解説性は低いので、詳しく知るのには不適切です。また、流れてくるニュースを受け取る受動的な収集方法になるので、自分の知りたいニュースだけを見るには非効率です。逆に自分でニュースを取捨選択するとどうしても自分の興味のあるものしか見なくなるので、様々なニュースが出てくるのにはそれなりの利点があります。

 

私はよくNHKニュース7を見るようにしています。30分で終わるので、あまり長すぎず、時間的にも私の生活リズムとちょうど良い時間帯だからです。

 

NHKニュース7

 

⑤Bloombergブルームバーグ

 

米国のブルームバーグ社が提供する金融情報に特化した情報サイトです。株式以外にも債券や商品市況についてのニュースも多く、有益な情報サイトです。海外寄りの情報が多いサイトですので、米国株など海外株式に投資している人にとって有益なサイトになると思います。

 

Bloomberg

 

⑥マネー雑誌

 

マネー雑誌はタイムリーな情報が詳しく解説されています。投資家向けに解説された記事が豊富です。解説内容は市況全体から個別銘柄まで多岐に及びます。

 

マネー雑誌では、日経マネーやダイヤモンドzaiが有名です。個人投資家の特集が良く組まれており、切磋琢磨するのによい刺激をもらっています。

 

⑦投資家のブログ・ツイッター・Youtube

 

ブログ・ツイッター・Youtubeで発信する個人投資家の情報も有益な情報があります。この人はいいなと思った人は定期的にフォローしておくと多様な考え方に触れることができます。

 

⑧証券会社

 

個別銘柄を調査する際に証券会社が提供する情報は基本になるかと思います。証券会社から得られる情報は、株価を始めとして、PERや配当利回りといった基本的な情報から、適正株価の情報提供、四季報を無料で見れる等々多岐にわたります。証券会社から情報はかなり価値が高く、無料で手に入れることができるので、有効に活用すべきだと考えます。

 

私はGMOクリック証券を使っていますが、上記で述べた適正株価や四季報が口座開設者は無料で見れるので非常に重宝しています。個別銘柄ごとに財務分析がされていて、理論株価も自動で表示してくれるので、非常に良い証券会社だと思います。

 

こんな感じで、個別株の財務分析がされて、理論株価がわかる↓

GMOクリック証券財務分析ツール②
@GMOクリック証券より

 

GMOクリック証券はおすすめできる証券口座です。口座を持っていない人はぜひ口座開設をお勧めします。

 

⑨四季報

 

四季報は、投資先を選定するうえでとても有益な情報を手に入れられる情報の宝庫です。

 

四季報には会社ごとに、四半期のトピックス、業績、財務状況、資本構成など様々な情報が入っています。四季報は投資家のバイブルとも呼ばれており、ぜひ活用したい情報源になります。

 

四季報の見方については見るべきポイントなどがありますので、下記で解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

 

⑩Yahoo!ファイナンス掲示板

 

Yahoo!ファイナンス掲示板には、個別銘柄に関する様々な書き込みがされています。企業のIR担当者もチェックする一大掲示板です。

 

ただし、情報の内容については玉石混交です。自分の感覚では100あったら2,3くらいは玉といった感じでしょうか。非常に鋭い分析を書き込まれている方もいますが、非常にまれです。情報の判別がつかないうちは、一定の距離を置いたほうが良いかと思います。

 

ある程度の自分の中で判断基準があり、意見を持ったうえで見に行くには、ほかの人がどう考えているかがわかり有益になると思います。

 

Yahoo!ファイナンス

 

まとめ:企業HPを軸にして、新聞・証券口座で情報取集しよう!

 

今回10コの情報取集におすすめのサイトを紹介しました。

でもやはりすべてをやるのは難しいと思います。そこで私は企業HPから発表される情報を軸にして、新聞や証券口座で情報収集するのが良いと考えます。①を軸にして③、⑧で補完していく感じですね。これは王道的なやり方なので、どうすれば良いかわからない方はこの方法がおすすめです。

 

今回は以上です。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG