【年率20%が解説】岩塚製菓は大量の有価証券を持つ資産株です

今回の記事は、2221 岩塚製菓の銘柄分析をおこなった結果を記事にしました。

含み資産として有価証券をたくさん持っている同社の投資する価値があるのか調べてみました。

まず、簡単に自己紹介しておくと、投資歴は今年で10年になり、過去の平均の投資成績は複利ベースで20%以上をキープすることができています。

その意味では、以下の銘柄分析もある程度信憑性が出てくるのかなと思っています。ただ、必ずもうかるというわけではないので、投資判断は各自で行ってください<(_ _)>

私に興味のある方は、投資している銘柄&成績もこのサイトで公開していますので、よかったらそちらも見ていってください。

では、前置きが長くなると嫌なので、さっそく本題ついてお話していきたいと思います。

何の会社?

岩塚製菓は国内第3位のおかきメーカーです。近年は、多品種を発売するも費用ばかりがかかってなかなか良い経営成績が残せていません。それに伴い株価もかなり低迷していて、株価指標面では割安感が出てきたため、本当に割安で買いなのか、それとも本当に経営悪化で手を出さないほうが良いのか、調査していきたいと思います。

業績は?

それでは、まず始めに業績面を確認していきましょう。

過去3年の業績→横ばい

過去3年の業績は以下のようになっています。

(百万円) 17.3 18.3 19.3
売り上げ 23,025 23,792 22,977
営業利益 374 66 8
経常利益 1,682 1,563 1,884
純利益 1,232 1,023 1,311

売り上げは230億円前後、営業利益は著しく低く、経常利益は15億円前後となっています。

 

本業はクソ、有価証券の配当収入で経常は飛び出てる

本業の営業利益はほとんど利益を残せていません。営業利益率は著しく悪いです。

経営陣はまず本業の利益率の改善をすべきです。

しかし、一方で経常利益は子会社からの配当収入で本業以上に収入があります。

この配当収入のおかげである程度利益が出ています。

そこでどれほど有価証券を保有しているのか調べてみる価値がありそうです。

 

ですので、資産面を見ていくことにします。

資産は?

同社がどれほどの資産があるのか資産面を見ていきましょう。

正味流動資産は時価総額以上!

同社は、冒頭でも話した通り有価証券をたくさん保有しています。

 

詳細に興味のある方は、同社のIRから確認してみていただきたいのですが、

ざっくり流動資産の合計は、以下の額となりました。

 

650億円

 

内訳

現金:18億円
受取手形:38億円
有価証券:594億円(!)
計:650億円

 

では、負債の合計はいくらでしょうか。負債の合計は、以下の額でした。

202億円

 

流動資産の合計から負債の合計をすべて差し引くと正味で

448億円

の換金性の高い資産を持っていることがわかりました。

正味流動資産:448億円

 

正味流動資産の考え方についてはこちらの記事を参考にしてください

関連記事

今回は、ベンジャミン・グレアムの正味流動資産という考え方を紹介します。 私もこの正味流動資産という考え方を使って10年の投資歴で平均年率20%以上を達成してきました。 投資で成功したいならマスター必須の考え方です。   ベンジャミン・グレア[…]

 

そして、現在の時価総額は約230億円となっています。

 

正味流動資産と現在の時価総額を比べると、正味流動資産の約50%の価格という計算になります。

 

つまり、230億円かけて買収すれば448億円の資産が手に入ることになります。

 

私は企業の株を買うとき、企業の全部を買収するときも少しの株を買うときも企業の所有権を買うという意味では同じだと思って買いますので、すべて買収することはできませんが、すべて買収した時と同じロジックで株を買います。

 

PBR0.4倍!

また、単純な簿価と比較したPBRは0.4倍とかなり割安な水準になっています。

 

ですので、私は同社に投資をするのは良いと判断しました。

 

ただ同社は現在配当利回りが0.6%とよくない水準です。

経営陣は保有する有価証券による配当を株主に還元すべきだと思います。

 

※ちなみに岩塚製菓の株主優待は100株で1000円相当のおかきがもらえます。

 

まとめ

2221岩塚製菓は、正味流動資産以下の価格で買える割安株です。

 

収益面では厳しいものの赤字ではないことからも投資対象になりえるのではないでしょうか。

ちなみに僕はこの株を少し購入しています^^

有価証券の売却などで記念配当がでて、それによる人気化で株価上昇を期待しています。

以上、2221岩塚製菓の銘柄分析でした。

 

いかがでしたか?当サイトでは他にも様々な投資法を紹介したり、個別銘柄の分析、実際の私の投資銘柄も公開しています。気に入っていただけたら、お気に入りへの追加、下のSNSボタンから「いいね!」をお願いします。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG