10年間年率20%以上の私が銘柄分析 【7565萬世電機】

銘柄分析してみた! 【7565萬世電機】

何の会社?

銘柄コード7565の萬世電機は、大阪、兵庫を地盤とした三菱電機の総代理店です。株式の20%を三菱電機が保有していて筆頭株主となっています。三菱電機で取り扱う製品の設置、営業が主な事業で、生産システムの開発に強みのある会社です。最近では、関西圏だけでなく首都圏の営業活動も強化していて、今後が期待できる会社です。

業績は?

過去3年間の業績は以下のようになっています。

業績(百万円) 17.3 18.3 19.3
売上高 21,392 21,939 23,626
営業利益 513 634 798
純利益 342 419 532

売上高は、200億円以上、純利益は過去3年間20%以上の成長率を見せています。

売上高がほぼ一定であるのに、利益をここまで成長させているのは企業努力のたまものです。

利益率の良い製品を売っていること、原価低減に努めていることがわかります。

資産は?

萬世電機は、非常にキャッシュリッチな企業です。以下の資産内訳を見てください。

現金 70億円
受取手形 87億円
有価証券 6億円
負債計 ▲90億円
正味流動資産 73億円

換金性の高い資産、現金、受取手形、有価証券からすべての負債を引いて、算出した正味流動資産が73億円もあります。

それに対し、現在の時価総額は45億円程度しかありません(2019年6月)。

つまり45億円を出して買収すれば、73億円のお金と毎年200億円を売り上げるビジネスが手に入ることになります。

現在の時価総額は、正味流動資産の60%ほどしかなく、資産バリュー株の中でもかなり割安な部類に入ると思います。

さらに一般的に資産バリュー株は、本業の業績が良くないことが多く、投資対象にならないのですが、この会社は前述のとおり20%以上の成長率を有しています。

お宝銘柄といっても過言ではないレベルの銘柄です。

株価は?

2019年6月現在


株価:2000円前後

時価総額:約45億円

PER:10.2倍

PBR:0.44倍

配当利回り:2.7%


となっています。

PBR0.44倍と割安な価格ですが、先ほどご説明した通りPBRの質はかなり高いです。資産価値のわからない棚卸資産ばかりが計上されたPBRより、現金で構成されたPBRだからです。

萬世電機の目標株価は、3176円とします。

それは、換金性の高い資産が73億円あり、73億円まで時価総額が上がると予想するからです。時価総額73億円は、株価で言うと3176円です。

まとめ
7565萬世電機はキャッシュリッチ企業。現在の株価は大幅な割引価格といえる。
本情報は情報提供を目的として作成したもので、証券売買の勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっては自己判断、自己責任でお願いいたします。

 

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

銘柄分析
Twitterで最新情報をつぶやいてます!

株式投資の最新記事8件