株式投資で安定して儲けたいなら相場は無視しなさい

今回は、株式投資で安定して儲けたいなら相場は無視しなさい、というテーマでお話ししていきたいと思います。

 

私は株式相場を無視し続けて、株式相場に勝ち続けてきました。

 

10年間年率20%以上を達成してきて、20万円を1,500万円にしましたが、株式相場のことを気にして投資したことはありません。

 

この記事ではそんな私の相場観を語りたいと思います。

 

今年の相場はどう?→わかるわけがない

 

株式投資である程度実績を残してきたからか、友人から株式投資についてよく聞かれたりすることがあります。

 

私は友人にも株式投資で成功してほしいという純粋な気持ちから自分の知りうる範囲で快く話すのですが、その中でよく回答に窮するものとして、

 

「今年の相場はどう?」

 

という質問があります。

 

そのときは、「いや、わからんよ・・・。だってね・・・」と説明するのですが、友人たちはどうも腑に落ちない感じになります。

 

おそらく友人たちの心情としては「相場がわからないのにどうやって儲けるんだよ・・」といったところではないかなと思っています。

 

しかし、私が声高に言いたいのは、株式投資で儲けるのに相場を読む必要はない!ということです

 

そもそも私が株式投資で年率20%以上を維持できたのは相場を読んできたからではありません。

 

さらに言うと相場を読む能力は私にはありません。

 

相場全体が割高、割安なときはありますが、割高だからといって相場が下がるわけでもないですし、割安だからと言って相場が上がるわけでもありません。

 

割高な水準からさらに上がることも十分ありえるのです。

 

その逆も然りです。

 

だから年の初めに今年は相場が良いだろうとかそういった予想は意味のないことだと確信しています。

 

実際、2016年の暴落も2018年のひどい下げ相場もそれが起きる前に誰も教えてくれませんでした。

 

相場を予想しないならどうすればいい?

 

では、相場を予想することも意味がないことだし、プロのエコノミストの予想も当てにできないとなったら私たち投資家はどうすればいいのでしょうか?

 

株式投資についてある程度経験を積んできた私からの提案は、「相場は無視しなさい」です。

 

当てにできないなら無視すればいいんじゃないでしょうか?という素直な提案です。

 

それよりもあなたが買う個別株が割高か割安かに注意を払ったほうが当てにできます。

 

これは私の経験上、きちんとファンダメンタルが良い企業を割安で買えば、7,8割の確率で報われます。

 

7,8割というのは統計的な数字というわけではなくあくまで個人的感覚ですが、要はきちんとファンダメンタルが良い企業を割安で買えばほとんどは株価上昇、配当収入により少なからず利益をもたらすということです。

 

私が思うに相場予想に頼っている人は個別銘柄の価値がわからなく、その株が割高か割安かわからないので、割高な株を選んで撃沈している人が多いのではないかと思います。

 

当然ですが割高相場では、だいたいの銘柄が割高です。

 

だから個別銘柄を分析しない人は必然的に割高銘柄を選ぶ確率が高くなります。

 

割高で買った人が株式投資で儲ける方法はただ一つ。

 

さらに割高な価格で他人に売るだけです。

 

これでは勝率が低くなりますよね。

 

一方、割高相場でも個別銘柄で割安な銘柄を買っておけば一時的に相場の下落によりさらに割安になることはあっても、いずれ適正価格or割高価格になったときに売ればいいだけです。

 

だから相場を気にするより個別銘柄がどうかを気にするほうがよっぽど大切なのです。

 

相場が悪そう→現金比率を高めるという戦略について

 

よくあるのが今年は相場が悪そうだから現金比率を高めようという戦略があります。

 

この戦略は勝っている投資家でも多く見受けられます。

 

でも私はこの戦略には否定的です。

 

なぜか?

 

一言で言うなら、投資機会をロスしているからです。

 

現金にしている間に投資をしていたら?

 

もしかしたら得られていただろう利益を取り逃がしていることになります。

 

ただし、

 

割安な銘柄が見つからなくて現金にしているならそれは良い戦略です。

 

しかし、ただ相場が高くて暴落しそうだから現金にしているという理由であるならそれは良い戦略とは言えません。

 

私の考える良い戦略では、ポートフォリオは常に株に向け、個別株でリスクを低減することだと考えます。

 

リスクを低減するとは、簡単に言うとバリュー投資を行うことです。

 

前回の記事で、バリュー投資をポートフォリオの基本戦略にすべきと話していますが、

 

 

こういった相場観を持っているからなんですね。

 

ですので、相場予測に依存せずに成果を上げる投資法もあるわけですから、相場予測する必要はないというわけです。

 

今回の記事は以上になります。

 

いかがでしたか?

 

良かったと思ったらSNSで共有してくださいね。

 

それでは。

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!

株式投資の最新記事8件