10年間年率20%以上の私が株価分析 【8103明和産業】

今回の記事は、含み資産として現金や有価証券をたくさん持っている

8103明和産業の銘柄分析をおこなった結果を記事にしました。

記事の内容に入る前に、

まず、私の簡単な自己紹介をさせていただきます。

 

投資歴は今年で10年になり、バリュー株投資を投資法として採用しています。

過去の平均の投資成績は複利ベースで20%以上をキープすることができています。

それも企業の実態価値以下で購入するバリュー株投資を徹底してきたおかげかなと思っています。

その意味では、以下の私の銘柄分析もある程度信憑性を持っていただけると思います。

ただ、必ず推薦した投資対象が成功するとは限りませんので、投資にあたっては自己判断で行っていただきたいと思います<(_ _)>

なお、私に興味のある方は、投資している銘柄&成績もこのサイトで公開していますので、よかったらそちらも見ていってください。

では、さっそく本題ついてお話していきたいと思います。

 

会社概要

 

  1. 8103明和産業は建機用オイル、リチウム電池材料の販売を手掛ける会社
  2. 時価総額は、約166億円(執筆時点)、株価は約390円の小型株
  3. 主な指標:PER=7.3倍、PBR=0.8倍、配当利回り=3.0%、優待=クオカード500円

 

総括

  • ニッチな分野で活躍している企業
  • 株価の変動が大きく期待できる小型株
  • 単純な指標面は割安、配当利回りは良い

指標面で割安なのは、企業になんらかの問題があるのか、それともただ割安に放置されているだけなのか、以下の業績、資産面で分析していきたいと思います。

 

業績は?

それでは、まずはじめに業績面を確認していきます。

過去3年の業績→問題なし

過去3年の業績は以下のようになっています。

(百万円) 17.3 18.3 19.3
売り上げ 134,764 141,793 154,604
営業利益 2,280 2,003 2,636
経常利益 3,049 2,918 3,256
純利益 2,297 2,068 2,267

 

  1. 売り上げは毎年増収
  2. 経常利益が営業利益より多い=有価証券による配当収入
    ※通常、営業利益のほうが経常利益より多い
  3. 営業利益率は非常に悪い。1%台。

 

総括

  • 業績は黒字を継続して出しており悪くはない。ただし営業利益率が極端に悪く、良い経営状況とは言えない。
  • 配当収入があるので、同社の有価証券保有額を調べてみる必要あり

 

 

資産は?

では同社がどれほどの資産があるのか資産面を見ていきましょう。

 

正味流動資産

 

同社の貸借対照表をもとに、現金同等物と負債の内訳を下記に記しました。

合計額は現金同等物から負債を差し引いた金額になります。

 

内訳

現金:44億円
受取手形:429億円
有価証券:154億円
負債計:▲388億円
合計:239億円

 

同社の資産状況を調べた結果、

流動資産から負債の合計をすべて差し引くた正味流動資産が239億円ということがわかりました。

 

なお正味流動資産の考え方についてわからない方はこちらの記事を参考にしてください

関連記事

今回は、ベンジャミン・グレアムの正味流動資産という考え方を紹介します。 私もこの正味流動資産という考え方を使って10年の投資歴で平均年率20%以上を達成してきました。 投資で成功したいならマスター必須の考え方です。   ベンジャミン・グレア[…]

 

正味流動資産と時価総額を比べると、、、

 

冒頭で、現在の時価総額は約166億円と申し上げました。

 

つまり正味流動資産239億円と比べると、現在の時価総額は正味流動資産価格以下の値段がついているということになります。

 

これはつまり、166億円かけて企業全体を買収すれば239億円の資産が手に入ることになります。

 

1万円札が入った財布を1,000円で買うのと同じ状況ということになります。

いわゆるネットネット株に該当する銘柄ということになります

※なお、私は企業の株を買うとき、企業の全部を買収するときも少しの株を買うときも企業の所有権を買うという意味では同じだと思って買いますので、すべて買収することはできませんが、すべて買収した時と同じロジックで株を買います。

 

まとめ

8103明和産業は、正味流動資産以下の価格で買える割安株です。

 

収益面も問題なく投資対象になりえるのではないでしょうか。

ちなみに僕はこの株を少し購入しています^^

リーマンショックの2008年以降株価はじわじわ上がっています。

資産バリュー株の特色ではないでしょうか。

 

以上、8103明和産業の銘柄分析でした。

 

いかがでしたか?当サイトでは他にも様々な投資法を紹介したり、個別銘柄の分析、実際の私の投資銘柄も公開しています。気に入っていただけたら、お気に入りへの追加、下のSNSボタンから「いいね!」をお願いします。

明和産業 イメージ
Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG