日経平均株価とは?TOPIXとの違い

日経平均株価とは?

日経平均株価とは、東証1部に上場している企業のうち選ばれた225社の平均株価のことを言います。

この記事では、225社がどのように選ばれているかや平均株価はどのように決まっているのかを解説していきます。また同じ株価指標「TOPIX」との違いや景気判断するのにどちらの指標のほうがいいのか、日経平均株価について徹底解説していきます。

日経平均構成銘柄の選ばれ方

日経平均を構成している銘柄は、昔ながらの大企業だけで構成されているわけではなく、毎年毎年優良銘柄に入れ替えられていきます。

日経平均は誰もが目にする株価指標であることから、その構成される銘柄は日本を代表する銘柄であることが必須です。ですので、業績や成長性が悪くなった企業は、誰も買いたがらず流動性が低くなるので日経平均から外され、代わりに新しく新進気鋭な好業績で社会に影響力のある会社が組み入れられることになります。

このように日経平均は、今現在の優良銘柄から選ばれています。

組み入れる際は、業界(セクター)間の偏りがないようにバランスをみて決定されます。①金融、②消費、③技術、④素材、⑤資本財・その他、⑥運輸・公共の6セクターに分けられてます。この6つから偏りがないように選抜されます。

構成銘柄の入れ替え時期は?

日経平均の構成銘柄の入れ替えは主に2つの方法で入れ替えられています。その2つの方法とは、定期入れ替えと随時入れ替えです。

定期入れ替えとは?

年1回毎年10月に定期的な入れ替えが行われます。これは「定期入れ替え」と呼ばれています。

随時入れ替えとは?

経営再編などの上場廃止で急に構成銘柄から外さなければならなくなってしまったときは、すみやかに新しい銘柄が組み入れられることになります。これを「随時入れ替え」と呼びます。

【参考】日経平均株価の算出方法

参考程度に日経平均株価の算出方法について解説します。少し難しい計算方法を使っていますので、基本的には無視でOKです(余力のある方のみ)。覚えておいてほしいのは日経平均株価は、単純な株価の平均ではないということだけです。

各構成銘柄の株価は以下の計算式で計算されます。

各構成銘柄の採用株価 = 株価 ×5 0 (円) ÷みなし額面(円)

みなし額面:会社ごとに設定されたみなしの株価。
      詳細は、以下をご参照。
      日経プロフィルというサイトで公開されています。

以下、日経プロフィルより引用

株式の額面制度は2001 年10月の商法改正で廃止されましたが、その後も多くの銘柄は50 円や500 円などの旧額面の水準をもとで株価が形成されます。例えば、旧500円額面の銘柄は、50円額面の銘柄に比べおよそ10倍の価格水準で取引されていると考えることができます。このため、そのままの株価を日経平均の計算に用いることは適切ではありません。そこで、日経平均などの算出では、旧来の額面制度を引き継いだ「みなし額面」を各構成銘柄に設定し、各銘柄の株価を旧50 円額面に換算した株価を用いています。

このように日経平均株価はみなし額面というものを使って計算します。

各構成銘柄の採用株価が算出されたら、以下の計算式に当てはめて、日経平均株価を算出します。

日経平均株価 =構成銘柄の採用株価合計÷除数

ここで出てくる除数とは、①構成銘柄の変更に伴う価格変動、②株式分割など市場変動とは関係のないものでの価格変動を除するため、除数を使います。

このようにして日経平均株価を算出しています。

日経平均に組み入れられるメリット

日経平均に組み入れられると、株価という点で大きなメリットがあります。一般的に日経平均に組み入れられると株価は上昇し、外されると株価が下がる傾向にあります。以下でその理由について解説します。

理由①新たに組み入れられる銘柄は業績が好調な企業だから株価も上がりやすい

これは日経平均に組み入れられるものとは関係なしに、業績の好調な株は買われやすいので、必然的に株価が上がりやすい傾向にあります。

逆に、日経平均から外される銘柄は、業績が不振な会社が多いですから、業績が悪いとその株は売られやすいので、株価も下がりやすいです。

理由②日経平均全体に投資する投資信託やファンドがあるから

世の中には日経平均全体の指数に投資する金融機関がいます。そうした機関は、その会社がどのような会社かどうかすら関係なく、指数に連動させるため、一律で買っていきます。

このため新しく組み入れられた銘柄は、自動的に買われるので株価は上がります。逆に日経平均から外された銘柄は、自動的に売られてしまうので株価は下がってしまうことになります。

このように日経平均はそれ自体に投資する機関がいるので、日経平均に組み入れられると株価が上昇しやすいというメリットがあります。

TOPIXとは?

日経平均株価が何か理解できたところで、日経平均株価と同じくらいよく出てくるTOPIXについて紹介していきます。

TOPIXは、東証一部上場の全企業の株価の平均です。

日経平均は、選ばれた225社でしたが、TOPIXはすべての銘柄の平均株価です。TOPIXは日経平均株価より広範な株価を見ることができると言えます。

したがって、日経平均よりTOPIXのほうが株式市場の動向を正確に反映している指標と言えます。

日経平均株価やTOPIXの見方

日本の会社は、一般的に業種別でみると、自動車や機械など景気に敏感な会社が多いです。

そのため世界から見ると日本の株式市場は景気敏感株と呼ばれています。

外国の金融機関は、世界的に景気が良くなると考えると日本株を買い悪くなると考えると売る傾向にあります。このようなことを知っていると、海外の投資家がどのように考え動いているかが理解できます。

特に、日本経済が今後どうなっていく可能性が高いのかを判断するうえで、日経平均株価やTOPIXがどのような値動きをしているかを元に判断することができますので覚えておくと良いかもしれません。

※一般的に株価動向は、実体経済に先行する形で推移していきます。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG