【まとめ】NYダウ平均株価って何?

NYダウ平均株価って何?

NYダウとは

みなさんニュースや株式投資をやったことのある人ならよく聞いたことのあるNYダウ平均株価という言葉。

NYダウ平均株価とは何なのか一から解説していきます。

NYダウの構成銘柄も紹介しますよ。

NYダウ平均株価とは、アメリカの選ばれた大企業の株価の平均

NYダウ平均株価のNYはNew Yorkの略称でアメリカの都市ニューヨークのことです。

NYダウはニューヨークダウ、ダウ平均、ダウ工業株30種平均といった呼ばれ方をします。

NYダウは、アメリカの数ある企業の中でも、超巨大優良企業のみが選ばれたもので、それらの会社の株価の平均を表した指標のことです。

NYダウの構成銘柄数は30社

NYダウはアメリカの超巨大優良企業の選ばれた者たちの構成といいましたが、構成銘柄数は30社で、選び抜かれた精鋭企業の集まりといっても過言ではないです。

そのため世界中の投資家がNYダウの動向を注視しています。

しかし、構成銘柄の選び方、基準は決まっておらず、業種のバランスを見ながら優良企業を選んでいます。

NYダウ平均株価の計算の仕方

NYダウ平均株価の計算の仕方を知りたいという方のために参考に載せておきます。意外とシンプルですよ。

NYダウ=30社の株価の合計÷30÷除数

30社の株価の合計÷30は平均を求めるのでわかりやすいと思いますが、ここで除数というものが出てきます。

除数とは、調整のことで、例えば株式分割などをすると、企業の実態に変化はないのに株価が変化するため、いきなりNYダウ平均の数値が前日と比べて急変してしまうということがあります。除数はそうした「異常」を取り除くための役割を果たしています。

NYダウ平均株価は右肩上がり!

まずはNYダウ平均株価の1990年~2019年の株価チャートをご覧ください。

多少の浮き沈みはあったものの1990年の株価と比べると右肩上がりで上昇していることが分かります。その上昇率なんと約9.4倍です。

ダウ平均を構成する銘柄に分散して投資しておけば、ほっておいても9.4倍に増えたのです!

しかもその間の配当収入については9.4倍に入っていません。

膨大な配当収入が入っていたことでしょう。

しかし、より攻撃的な投資家は、投資する時期を選ぶべきです。というのもリーマンショック前やITバブル前など高く吊り上げられた株価は急落してしばらく戻ってこないリスクがあります。

いくら優良企業とはいえ、実態価値以上に評価された株価はリスクを押し上げるだけなので避けるようにしましょう。

株価下落のリスクを避けるには、市場全体のPERを確認することで、避けることができます。PERが高いければ過熱感があるし、PERが低ければ悲観的であると判断することができます。過熱感のある時には投資を避けて、悲観で包まれているときに投資すると、より投資成績がよくなるはずです。

☑ダウ平均は過去約30年の間右肩上がり
☑ただし、市場全体のPERを使うことで投資成績をより向上させることができるかもしれない

NYダウ構成銘柄一覧

それでは、現在(2019年5月現在)のNYダウの構成銘柄を一覧にまとめましたので、ご確認ください。みなさんも聞いたことのある有名企業ばかりですよ。

ティッカーコード 会社名
APPL アップル
AXP アメリカンエキスプレス
BA ボーイング
CAT キャタピラー
CSCO シスコシステムズ
CVX シェブロン
DIS ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー
DOW ダウ
GS ゴールドマンサックスグループ
HD ホームデポ
IBM IBM
INTC インテル
JNJ ジョンソン&ジョンソン
JPM JPモルガン&チェース
KO コカコーラ
MCD マクドナルド
MMM 3M
MRK メルク&カンパニー
MSFT マイクロソフト
NKE ナイキ
PFE ファイザー
PG プロクテクター&ギャンブル
TRV トラベラーズ
UNH ユナイテッドヘルスグループ
UTX ユナイテッドテクノロジーズ
V VISA
VZ ベライゾンコミュニケーションズ
WBA ウォルグリーンブーツアライアンス
WMT ウォルマート
XOM エクソンモービル

NYダウに投資するには2つ方法がある

①ダウ構成銘柄に直接投資する

一つ目はダウ構成銘柄に直接投資します。

今は日本の証券会社でもアメリカ株を取り扱っている証券会社がたくさんあるので、そこで口座を開けばすぐに投資することができます。

ただし、直接投資する場合は為替リスクが伴います。円安になれば利益が出ますが、円高になれば損になります。

1ドル100円の為替レートで、1株1ドルの株が2ドルに値上がりしたとき、

為替レートが1ドル100円のままだったら資産が倍になりますが、

1ドル80円になったら日本円で160円なので、1.6倍にしかならないということです。

海外株に投資するときは為替リスクがあるので注意しましょう。

②ダウ平均に連動したETFを買う

ダウ構成銘柄に直接投資するほど資金がないという方は、ETFを使えば少ない資金でも賢く分散投資することができます。

ETFの説明については長くなってしまうので省略しますが、ダウ平均株価に連動するように設計された金融商品です。

こちらのETFは日本市場に上場しているもので普通の日本株と同様に購入することができるので、為替リスクはありません。

日本市場では以下のETFを購入することができます。

1546 NEXT FUNDS ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価連動型上場投信

1679 Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信

 

いかがでしたか?
ダウ平均に投資すれば難しいことを考えずに右肩上がりで着実資産を築くことができました。みなさんもこの機会に投資を検討してみましょう!

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!