立会外分売とは?定義や株式投資での活用法を解説

立会外分売とは?

立会外分売とは、企業の大株主が自分の持っている株を売ることを立会外分売と言います。

企業の大株主ですから、その会社の株をたくさん持っています。

そのたくさんの株を一気に売ってしまうと、需給関係で株価も一気に下がってしまいます。

そのため、市場以外のところで別で場を設けて、いついつにこれだけの株を売るので、当社の株を買いたい人は申し出てください、というようなアナウンスをします。

そして、市場が開いている時間以外で大株主の株を分け与えます。

これが立会外分売の仕組みです。

なお、大株主はたいてい企業のオーナー創業者であることが多いです。

立会外分売をする目的はいろいろありますが、一番は流動性を確保するため、になります。

ある会社の株を1人の人間がたくさん持っているということは、市場に出回っている株が少ないということになります。

市場に出回っている株が少ないと、売買が少なくなってしまい取引が成立しないというようなこともあります。

そのため市場での取引を活発化させて、株価上昇、株主数の増加というメリットを得ることができます。

ですので、企業の大株主は喜んで立会外分売をするのです。

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!