営業キャッシュフローとは?株式投資での活用法を解説

この記事では、株式投資家が絶対見るべきポイント「営業キャッシュフロー」について解説しています。

株式投資で10年間年率20%以上を達成してきた私が、見ているポイントが書いてあります。

営業CFを見れば、株式投資で地雷を避けられます。企業の実態価値を知るためにも営業CFの見方を知っておくことはとても大切ですよ。

営業キャッシュフローは企業の稼ぐ力

まず営業キャッシュフローの定義について説明します。

営業キャッシュフローとは?

営業キャッシュフローは、企業がどれだけキャッシュを稼いだかが分かる数値になります。

つまり営業キャッシュフローは、企業の稼ぐ力が分かる指標ということになります。

ここでよく疑問に思われるのが、「純利益となにが違うの?」ということだと思います。

結論から言うと、純利益と営業キャッシュフローは、違います。

なにが違うかというと、

  1. 純利益には計上されないお金の出入りがあるということ
  2. 売掛金の発生のタイミングとお金の回収タイミングが違う

という2つの違いがあります。

純利益と営業キャッシュフローの違い

まず、①純利益には計上されないお金の出入りがあるということについてですが、

メジャーなものとして、減価償却費が挙げられます。

この減価償却費は、設備や建物の価値の目減り分になります。

設備や建物は年数が経つと価値が減りますよね。

それを会計上で処理したものが減価償却費になります。

減価償却費は、会計上の処理で実際にお金が出ていくわけではありませんから、損益計算書の費用に計上されません。

そのかわり営業キャッシュフローのキャッシュフローの計算書で計上します。

これが純利益と営業キャッシュフローの違いの一つ目です。

続いて、②売掛金の発生のタイミングとお金の回収タイミングが違うについてですが、

会社対会社で取引をする際は手形を使って取引することが多いです。

手形はたいてい3か月後にお支払いしますよといったものが多く、

手形が発生したタイミングと実際にお金を受け取るタイミングにずれがあります

そのため、お金を回収するまでの間に借入金の支払いがあって、そのお金がないとなると、倒産ということになります。

これが「黒字倒産」のメカニズムなのですが、

このように純利益と営業キャッシュフローは大きく違います。

なので、純利益と営業キャッシュフローは”別物”ということを覚えておいてください。

【株式投資】営業CFがマイナス=地雷です

まず、声を大にして言いたいのが、

株式投資をするなら営業CFがマイナスの企業は絶対に投資するのはやめておきましょう

ということです。

営業キャッシュフローがマイナスになるパターン

営業CFがマイナスということは、2つパターンがあって、

1つは「そもそも純利益が赤字」、

もう1つは「売上債権が多く、お金が回収できていない

の2つのパターンがあります。

まず「そもそも純利益が赤字」ですが、

営業キャッシュフローは、その計算の仕方として、純利益から費用計上されないお金を差し引いていきます。

そのため出発点の純利益がマイナスだと、営業キャッシュフローも基本的にマイナスになります。

純利益が赤字の場合は、まず利益をあげられていないということですから、投資対象から外したほうが無難です。

このような企業から投資収益をあげる方法として、赤字→黒字による株価上昇があり、私もそれで儲けたこともありましたが、リスクが高いやり方です。

基本的にほぼすべての投資家はこのような企業には投資しないほうがいいと思います。

もう1つの「売上債権が多く、お金が回収できていない」ですが、

これは先ほども説明した通り、黒字倒産の危険性があります。

このような企業は利益も上がっていて、順調そうに見えるのですが、

ある日突然急に倒産ということが起きます。

これは本当に怖いので、その意味でも営業キャッシュフローがマイナスの企業には投資しないほうが無難です。

投資する前は、営業キャッシュフローがプラスであることを確認しよう!

以上のことから営業キャッシュフローがマイナスの企業は投資しないようにするということが、リスク管理の意味でとても大切だということが分かりました。

そして、たいていの企業、株価が上昇するような優良企業は営業キャッシュフローがプラスです

あえて営業キャッシュフローがマイナスの企業に投資する必要はありません。

営業キャッシュフローがプラスの企業を選ぶことで不用意な地雷を踏むことはなくなりますので、

投資する際は、営業キャッシュフローがプラスの企業を選ぶようにしましょう。

まとめ

  • 営業キャッシュフローは企業の稼ぐ力をあらわすパロメーター
  • 営業キャッシュフローと純利益は違う
  • 営業キャッシュフローがマイナスの企業に投資すると、地雷を踏む可能性あり
  • 投資先の営業キャッシュフローがプラスであるか確認しよう!

いかがでしたか?

当サイトでは他にも様々な投資法を紹介したり、個別銘柄の分析、実際の私の投資銘柄も公開しています。

気に入っていただけたら、お気に入りへの追加、下のSNSボタンから「いいね!」をお願いします。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG