PBRとは?PBRの基本・注意点・活用法を解説

この記事ではPBRの基本・注意点・活用法について解説します。

PBRとは?PBRの基本

PBRとは、別名、株価純資産倍率と呼び、株価が純資産に対してどれぐらいの水準であるかを判断するための株価指標になります。

PBRは以下の式で算出することができます。

PBR=株価÷BPS(1株当たりの純資産)

BPSとは?
※企業というのは、たくさんの株を発行しています。株主(株の保有者)もたくさんいて、それぞれの株主が保有する株数も各々異なるので、1株当たりに変換することが通例となっています。BPSは下記計算式で求めることもできますが、通常証券会社の口座や四季報、Yahoo!ファイナンスなどに記載されているので、参考程度に覚えておいてください。

BPS=純資産÷発行済み株式数

PBRは以下の目安で株価が割高か割安かを判断します。

PBR1倍以上:割高
PBR1倍:解散価値
PBR1倍以下:割安

PBR1倍を境に割安か割高かを判断していますね。PBR1倍というのは会社の解散価値と言われていてます。

会社が解散して会社の資産を全て株主に返却するとき、返却する資産価格がちょうど株価と同じ額になるので、会社の解散価値と呼ばれています。

これは言い換えると、PBRが1倍より低い時は、会社を解散したら、株価以上に会社の資産をもらえるということになります。つまりPBRが1倍より低い時は割安になります。そしてPBRが1倍より高い時は資産価値以上の株価ということで割高になります。

ここまでがPBRの基本になります。

PBRの活用法

PBRは、PERと比べて数値が変動しにくいという特徴があります。

※PERについて知らない方はこちらを参考にしてください。

PERは収益面で株価を評価し、PBRは資産面で株価を評価します。

企業の収益は年度によって変動しやすいので、PERは変動しやすくなります。

しかし、資産は急激に半減したりすることがないので、PBRの変動は緩やかになります。これがPBRの大きな特徴です。

PERだけ見ていると割安なように見えても実は割高だったということがよくあります。下の事例を見てください。

不動産会社 ねじ会社
株価 100 100
EPS 50 10
PER 2倍 10倍
BPS 20 200
PBR 5倍 0.5倍

不動産会社はPER2倍と割安のように見えますが、対資産PBRで見ると5倍になっています。直近のEPSが好調だとPERが低くなってしまい、割安なように見えてしまいますが、PBRを見ることでそのような落とし穴をはまってしまうことを防げます。

一方、ねじ会社のほうはPER、PBRともに割安です。割安な会社に投資したいと思っている場合は、ねじ会社に投資したほうが良いということになります。

このようにPBRは株価が割安かどうかを判断するうえで、PERより信頼できるので、PERとPBRを一緒に見ることが大切です。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG