PERとは?PERの基本・活用法・注意点を解説

この記事では、PERの基本・活用法・注意点を解説します。

PERとは?PERの基本

PERとは、別名、株価収益率と呼び、株価が収益に対してどれぐらいの価格水準かを見る指標です。1年間に計上する利益と比べて株価がどれぐらい高いのか、あるいは安いのかを判断する指標になります。

PERは以下の数式で求めることができ、とても重要でよく使う計算式ですので覚えておきましょう。

PER=株価÷EPS(1株当たりの利益)

PERの計算ではEPS(1株当たりの利益)を使います。

EPSとは?
※企業というのは、たくさんの株を発行しています。株主(株の保有者)もたくさんいて、それぞれの株主が保有する株数も各々異なるので、1株当たりに変換することが通例となっています。EPSは下記計算式で求めることもできますが、通常証券会社の口座や四季報、Yahoo!ファイナンスなどに記載されているので、参考程度に覚えておいてください。

EPS=純利益÷発行済み株式数

話を戻すと、PERは利益に対してどれぐらいの株価がついているのかがわかります。

例えば、株価1000円、EPS100円だったら、PER=1000÷100=10となります。

このときPER10倍といいます

このPER10倍の意味するところは、株価1000円で買ったら、10年で利益を回収できるという考え方をします。

EPS100円を10年もらい続ければ、合計で1000円もらうことになり、投資した株価1000円を回収できますよね。

このようにPERは、年間収益から見て何年で投資資金を回収できるかを見る指標になります。

つまりPERが低いほど短期間で投資資金を回収でき、PERが高いほど投資資金を回収するのに長くかかるというわけです。

したがって、PERを見るときは、まずPERの数値が低い会社の株を探すようにしましょう。

ちなみにPERに関連した知識として益利回りという考え方があります。

益利回りとは、その株に投資した時の利回りのことで、PERの逆数で表すことができます。益利回りは、高ければ高いほど投資利回りが良いので、投資対象として優れていると判断することができます。

益利回り(%)=1 / PER × 100

例えばPER5倍だと、

益利回り=1 / 5×100=20%

となります。投資の利回りが20%だと、一般的に言ってかなり良い投資対象になります。

逆にPER30倍のように高いと、

益利回り(%)=1 / 30 × 100=3.3%

となり、年に3.3%の利回りしかありません。これだと新興国の金利や債券などの利回りと大して変わらないため、株に投資する投資妙味が薄れてしまいます。

PERが高いと益利回りが低くなり、PERが低いと益利回りが高くなるという逆相関の関係性があることを覚えておきましょう。またPERが低いほうが投資効率が良くなることをお分かりいただけたと思います。

ここまでがPERの基本になります。

PERの注意点

では、PERの注意点を解説します。

PERの基本で、「PERは低いほうが良いですよ」と書きました。そのほうが益利回りが高くなり投資効率が良くなるからですと説明しました。そのため一般的に「PERが低い会社に投資すれば良い」と解説していることがほとんどですが、これは非常に誤解を生む書き方だと感じずにはいられません。

というのは、実際の株式市場というのは、PERは企業の利益成長率を考慮してつけられていることが多く、単純なPERの数値単体はあまり意味がないからです。

では、具体的にどういうことか説明していきます。

PERと利益成長率の関係

PERと企業の利益成長率の関係について解説します。

まず実際の株式市場では、低成長率の会社はPERが低くなり、高成長率の会社はPERが高くなります。成長率によってつけるPERが違うということです。

なぜこのようなことが起きるかというと、PERは株式市場に参加している人の期待度を表していると言われ、高い期待度の会社ほどPERが高くなります。一般的に言って、高成長率で成長している企業は期待が持てますよね。そのため高成長率の会社のPERは高く、その反対に低成長率の会社のPERは低くなります。

PERが低いと成長率が低く、これからの利益の成長が期待できない、ということで会社としての価値がほとんど変化する見込みがないということから、株価が低く抑えられ、PERが必然的に低くなります(PERの式に当てはめてみてください。株価が低いほどPERも低くなります)。つまりPERが低いとそれなりの評価で、長年株価が低迷している可能性が高くなります。このような株に投資してしまうと、長年株価が変わらず、一向に値上がり益を得ることができないというトラウマを抱えることになります。

PERの活用法

では、PERをどのように活用すれば良いのか?その答えは下記です。

PER単体の数字で投資判断せず、成長率と一緒にPERを見ることを大切にすること

先ほどまでの説明をまとめると、

PER高い=高成長率
PER低い=低成長率

となります。

しかし、株式市場ではまれにねじれが起きます。例えば、「高成長率の会社なのにPERが低い」などです。

こういう株を選んでいくことが大切です。

一般的にPERは成長率相応の水準であることが多いですが、まれに成長率に対して低くPERが評価されていることがあります。

まさにそこに投資チャンスがあるのです!

つまり、市場が気付いていない高成長企業を割安になっているときに仕込むことができれば、その成長とともに市場で人気化すると株価も大いに上がり儲けることができるのです。

具体例でご説明します。

ここに成長率20%の高成長率の会社で、PER5倍の会社があったとします。

EPSPER株価
現在20051000
1年後24051200
2年後28851440
3年後34551728
4年後41452073
5年後49752488
209953

現在のEPSが200で、年に20%成長するので、次年度以降は240、288、・・・と成長していき5年後は497に成長します。その5年間PERが変化しなかったとすると、株価は1000から2488に成長したことになります。これでも約2.5倍に株価が上がっているわけですから十分ですが、5年後市場参加者の期待値が上がり、PERが5倍から20倍になったとすると、株価は9953になります。この場合、株価は約10倍になったことになります。実際の株式市場では、このような高成長率の会社にPER5倍をつけるほうが例外的でめったになく、PER20倍以上をつける可能性が高いので、上記のような株はお宝銘柄になります。

このようにPERと成長率のギャップを見つけて投資すると、EPSの成長分とPERの補正分の両取りをすることができます。

仮にこの会社のPERが当初から20倍だったとすると、このようになり株価は4000から9953となり、PERの補正分の恩恵を受けることができません。

EPSPER株価
現在200204000
1年後240204800
2年後288205760
3年後345206912
4年後414208294
5年後497209953

少し難しい話になってしまったかもしれませんが、PERと成長率のゆがみをみつけると大きな投資収益を得ることができますので、ぜひ実践して見てください(わかりにくかった方は動画で口頭で解説してます)。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG