株式投資でここを見よう! 営業利益率で勝ち組企業を選別

この記事では、株式投資で見るべき必須項目、営業利益率について解説していきたいと思います。

株式投資で10年間年率20%以上を達成してきた私が、どのように営業利益率を見ているか書きました。

営業利益率のみかたをマスターすれば、株式投資で勝ち組の企業を選別することができます。

実際、私が株式投資で投資していて、株価が爆上げしたのは、営業利益率がすこぶる良い企業が多かったです。

営業利益率は絶対に調べるべき項目です。

 

まず私の簡単な自己紹介をさせてください。

投資歴は今年で10年になり、バリュー株投資を投資法として採用しています。

過去の平均の投資成績は複利ベースで20%以上をキープすることができています。

(これまでにアルバイトで貯めた20万円を1,500万円まで殖やしました)

それも企業の実態価値以下で購入するバリュー株投資を徹底してきたおかげかなと思っています^^

 

 

なお、私に興味のある方は、投資している銘柄&成績もこのサイトで公開していますので、よかったらそちらも見ていってください。

 

では、さっそく本題ついてお話していきたいと思います。

 

営業利益率とは?

 

営業利益率の定義

営業利益率とは、売り上げに対して営業利益がどれだけあるかを測る指標です。

 

損益計算書を理解されている方ならすぐにわかると思いますが、

わからない方のために解説します。

 

企業は、まず商品やサービスを売って、売り上げが上がります。

しかしここで儲けたお金は全部使えるわけではないです。

売り上げをあげるために、企業は人を雇います。

人を雇ったら給与をいう人件費を払わなければなりません。

事業所の建物を借りているならば、家賃を払わなければなりません。

工場でものを作るなら、工場を動かすための機械を買い、電気代を支払わなければなりません。

このように企業活動をすると必ず経費が発生します。

 

そのため売り上げたお金からこの経費を払う必要があります。

この経費を払った後のお金が「営業利益」になります。

 

営業利益率は、以下の数式で求めることができて、

 

営業利益率= 営業利益 ÷ 売上

 

経費が少ないほど営業利益率は高くなります。

この営業利益率は高ければ高いほど良く、

お金が手元に残りやすいビジネスかあまり残らないビジネスかを判断することができます。

 

営業利益率の相場

この営業利益率が最強クラスの企業がキーエンスで、

19年3月期決算の数字だと、営業利益率54%を誇っています。

 

でもこの数字は異常で、他の一般的な企業がこのぐらいの数字だと勘違いしないようにしてください。

 

一般的な営業利益率は、5%~8%がいいところでしょう。

 

このような相場観をもっておくと、この企業は優れている、この企業は悪い、というのが判断できるようになります。

 

投資先を選定するに当たり、5~8%の営業利益率でも十分だと思いますが、

この記事を読んでいる読者さんは、投資収益をMAX化したいはずです。

 

であるならば、5~8%といった月並みな営業利益率でなく、もっと営業利益率の高い企業を選ぶべきです。

 

営業利益率が良いと株主にとって何が良いのか?

 

では、営業利益率が良いと株主にとって何が良いのでしょうか?

株式投資で儲けるにはここまで踏み込んで理解する必要があります。

「営業利益率が良いほうがいいのか。ふーん。」では本質を理解していないからです。

 

営業利益率が良いと1株益が上昇しやすい

 

営業利益率が良いということは、営業利益の絶対額が大きいということです。

つまり、為替差損や法人税を払った後の純利益、そして1株益の絶対額も大きくなるということです。

 

この1株益が大きくなりやすいというのが大切です。

 

1株益が大きくなると、同じ株価であればPERが低くなります。

つまり割安感が高まります。

PERが低くなるということは、投資収益率が高まるということになります。

つまりあなたのところによりお金が流れ込むのです。

 

PERについてはこちら

関連記事

この記事では、PERの基本・活用法・注意点を解説します。 https://youtu.be/Lk-95R_07lo PERとは?PERの基本 PERとは、別名、株価収益率と呼び、株価が収益に対してどれぐらいの価格水準[…]

 

営業利益率が良いと、お金の使い道の選択肢が増える

 

そして営業利益率が良いとお金の使い道の選択肢が増える、というメリットがあります。

先ほど営業利益率が良いと、純利益の額が大きくなると言いました。

純利益がたくさん残るということは、単純にキャッシュがたくさんあるということです(厳密には違うのですが。詳しくはキャッシュフローという考え方を勉強する必要があります)。

 

ここでは、話を簡単にするためにキャッシュがたくさんあるということにします。

 

キャッシュがたくさんあると、企業にとっても株主にとっても良いことづくめです。

 

キャッシュがあると、企業は事業をさらに加速させるための投資ができます。

まさに良いサイクルですね。

株主にとってはというと、キャッシュがあると配当が増える可能性があります。

また豊富な資金で、自社株が行われる可能性もあります。

このようにキャッシュがあると株主にとって良いことづくめになります。

 

ですから株式投資するときは絶対に営業利益率をチェックすべきです。

 

まとめ

 

  • 営業利益率とは、売り上げに対して営業利益がどれだけあるかを測る指標
  • 営業利益率= 営業利益 ÷ 売上
  • 営業利益率は高ければ高いほど良い
  • 営業利益率が高いと、投資収益率が高まる
  • 営業利益率が高いと、お金の使い道の選択肢が増える
  • 投資収益をMAX化したいなら営業利益率が高い企業を選ぼう!

 

 

いかがでしたか?

当サイトでは他にも様々な投資法を紹介したり、個別銘柄の分析、実際の私の投資銘柄も公開しています。

気に入っていただけたら、お気に入りへの追加、下のSNSボタンから「いいね!」をお願いします。

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!

株式投資の最新記事8件