おすすめの本一覧

株式投資初心者・中級者におすすめの本

 

このページでは、10年間年率20%以上を達成することができた私が、本当に良いと思う株式投資の本を選びました。

 

株式投資関連の本は世の中にたくさんありますが、本当に良いと思える本は少ないです。

 

チャートやトレードなどの怪しいテクニック本を読んで下手に変な知識を覚えてしまうより、長年実績のある人が書いた名著をきちんと理解していくことのほうが大切です。

 

※私は企業のファンダメンタルに基づいた投資を手掛けており、実態価値以下の価格で株を買うことにより安定した高い投資成績を達成してきました。ウォーレン・バフェットやピーター・リンチと同じ投資手法です。

 

このページでは、そんな信頼のおける良書を厳選して5冊選びました。

 

 

これらの本をきちんとマスターできれば、どのように銘柄を選べばよいかを自分の頭で考えられるようになるはずです。

 

自分の生きた知識になるように願って、ここに私がおすすめする本を紹介します。

 

①ピーターリンチの株で勝つ

 

個人投資家が株式投資で儲けるための知識がまんべんなく学べます。

 

即実践できるやり方が網羅されており、今まで出会った投資本の中でベストです。

 

この本は2000円もしないで買えますが、私にもたらしてくれた利益はそれをはるかに上回ります。

 

株式投資で勝つための戦略、そして勝つための銘柄を選ぶ戦術、どちらも習得できるすばらしい本です。

 

 

②賢明なる投資家

 

資産バリュー株の投資のやり方について学べます。

 

資産バリュー株の投資のやり方はもちろん、株式投資全般の考えにについて多くのことを学ぶことができます。

 

書いてある内容はやや難しいので、まったくの初心者は調べながら読み進めていくことになると思いますが、

 

ある程度投資経験を積んだ方は読み終わった後、脳天に稲妻が通ると思いになると思います。

 

世界一の投資家ウォーレン・バフェットが

 

「若い時に読んだ際、今まで読んだ本の中で最高の投資本だと思ったが、その思いは今も変わりません」

 

と言ったのもうなづけます。

 

先ほど「ピーターリンチの株で勝つ」はベストの本だと言いましたが、嘘で

 

この「賢明なる投資家」もベストです。

 

ベストが2つあります(笑)

 

この2冊は必ず投資成績を向上させようと努力されている方の期待を裏切らないと思います。

 

ぜひ読んでみられることをおすすめします。

 

③投資で一番大切な教え

 

「ピーターリンチの株で勝つ」や「賢明なる投資家」ほど実践的な銘柄選択術は紹介されていませんが、

 

この本の良いところは、実践的な銘柄選択術が戦術だとすると、より大きな大局的な戦略を鍛えてくれるところです。

 

相場のとらえかたを学ぶことができるともいえると思います。

 

私が特におもしろいなと思ったのが、

 

能力のある投資家のパターンがどんなものか紹介されていたことです。

 

5年ぐらいの期間で成績を並べて、どの投資家が能力があるか考察しています。

 

ウォーレン・バフェットも

 

「極めて稀に見る実益のある本」

 

と絶賛しています。

 

「ピーターリンチの株で勝つ」や「賢明なる投資家」とは違った切り口で投資論を語っており、とても優良な本だとおすすめできます。

 

④バフェットからの手紙

 

世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏が自社の株主に対して贈った株主通信の内容が掲載されています。

 

ウォーレン・バフェット氏は自身で著作物(本)を一切出していませんが、

 

唯一ウォーレン・バフェット氏の言葉がそのまま載った本になります。

 

内容は全般的に難しく、私も完全に理解するまで多くの時間がかかりましたが、

 

とても有益な情報が詰まっています。

 

特に後半の内容は難しいですが、

 

第2章、第3章は投資初心者を脱皮しつつある人~中級者であればぜひ理解しておきたい内容です。

 

Amazonなどの本のレビューを見ると、株式投資というより経営向きの本だ、

 

というようなレビューも見受けられますが、

 

そのようなことはなく、株式投資でも十分に使える知識ばかりです。

 

ぜひ読んでみることをおすすめします。

 

⑤オニールの成長株発掘法

成長株の具体的な選び方がわかりやすく書かれています。

 

成長株に肯定的な「ピーターリンチの株で勝つ」と比べても攻撃的な投資法ですが、

 

銘柄選択法についてはより具体的に基準が明記されています。

 

初心者には具体的な基準があり親切な本だと思います。

 

注意点としては、2つあります。

 

1つは本の前半のチャートの解説は無視すること、

 

2つ目はPERについての解釈

 

です。

 

チャートの解説にかなりのページを割いていますが、私はチャートのようなテクニカル分析に懐疑的です。

 

私はこのチャートのページを一切見ていません。

 

ファンダメンタルに基づいた投資を志すなら読む必要はありません。

 

それからPERについての解釈も注意が必要です。

 

本の中でPERはいくらでもよいと言っていますが、私は懐疑的です。

 

私はPERという指標を大切にしていますので、この部分については注意が必要だと思います。

 

ここについては賛否両論あるので、ご自身で是非を判断してほしいと思います。

 

いずれにしても彼の投資法は一読して損はないすばらしい手法です。

 

以上、私が投資初心者、中級者におすすめする本の紹介でした。

 

最後に私から一言。

 

投資は時間との勝負です。

もっと早くに読んでいればよかったとならないように、

投資を始めた初期に読めるとBetterです。

 

自分の場合も年率20%以上を10年間も継続して出せたのも、

今回紹介したすばらしい本に投資初心者の頃に出会えたからです。

 

それも当時の投資の先輩方がこのような本を紹介してくれたからです。

 

僕も自身の経験から、本当におすすめできる本だと思ったので、ここに紹介させていただきます。

 

実りある投資成果が得られるように、ぜひご自身で読んでみてください^^