レベル別株式投資おすすめの本 全40冊

悩んでいる人
株式投資でおすすめの本を教えてほしい。できればレベル別で紹介してほしい。

 

こんな悩みを解決します。

本記事の信頼性
かぶタウン
かぶタウン
投資家(歴10年以上)
平均成績:年利20%(複利ベース)
資産額:8桁
年間投資収益は一般的なサラリーマンの年収より多い状態
かぶタウン(@kabutown
この記事を書いている私は、株式投資歴10年以上です。
平均成績は年利20%で、現在の資産額は8桁ほど。
年間投資収益は一般的なサラリーマンの年収より稼いでいる状態です。

この記事では、株式投資をしているまたは始めようとしている投資家にレベル別でおすすめの本を紹介しています。

 

私は実際にこれらの本を読んでそれなりの資産を築くことができました。

 

本記事を読むと、どのような本を読むべきかがわかりますよ。

 

株式投資初心者におすすめの本

 

株式投資をまだ始めていない~株式投資を始めて間もない

 


金持ち父さん貧乏父さん

高学歴なのに収入が不安定な自身の親と13歳で学校をやめて億万長者になった友達の親が登場する物語。

人々が経済的に苦しんでいる理由は、何年も学校に通いながら、お金について何も学んでいないことにある、と著者は述べています。

本書は金持ちになるためにはたくさん稼ぐ必要があるという「神話」をくつがえします。

世界中で売れている大ベストセラー。

Amazon


金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

金持ち父さん貧乏父さんの続編。

第2弾である本書は、さらに論を進めて、実際に「経済的な自由」を手に入れるためにどんなプロセスを踏めばいいかをテーマにしている。

「金持ち父さん」の教えを実践しようという人にとって待望の書であり、それ以外の人には、お金や仕事に対する自分のこだわりがどこにあるかを気づかせてくれる1冊となると思います。

Amazon


世界一やさしい 株の教科書 1年生

株の基本がわかりやすく解説されている本です。

内容的には題名の通り株式投資初心者におすすめできる本です。

「シンプル、分かりやすく、楽しく」の3つのキーワードで解説されていて、あっという間に株の基本を勉強することができます。

Amazon


めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版

オールカラー、図やイラストを多用してわかりやすく解説されています。

株の初心者が知っておくべきことを網羅しています。

こちらも非常におすすめの本です。

Amazon


一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編

上記の続編です。

少し踏み込んだ内容になっていてより実践的に株を選べるようになります。

同じくおすすめできる本です。

Amazon


7日でマスター 株チャートがおもしろいくらいわかる本

株価チャートについて解説された本です。

そもそも“チャート”って何?という方から読むことができる本です。

非常にわかりやすく解説された本だと思います。

Amazon


一番売れてる株の雑誌ZAiが作った チャートで稼ぐ「株」入門―必勝セクシーボリンジャー投資のすべて

株価チャートを使った投資手法を解説しています。

著者はニートから株で1億円以上作ったトレーダーです。

Amazon高評価率も高いです。

Amazon


図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

堅実なお金の増やし方について解説されています。

NISAについても解説されています。

Amazon


 

世界一やさしい 株の信用取引の教科書 1年生

信用取引について解説された本です。

初心者のうちは使う機会はあまりないかもしれませんが、仕組みを知っておくことは大切です。

信用取引の本ではわかりやすく解説されている本だと思います。

Amazon


 

株式投資初心者~中級者におすすめの本

 

株式投資の基本はわかっている~銘柄の選び方はよくわからない
全世界で読まれている「投資のバイブル」。
1973年の初版以来、全米累計150万部を超え、「投資の名著」として絶賛されるベスト&ロングセラー。
硬派な内容でありながら、数式はほとんどなく、グラフや表を多用しており、初心者にも理解しやすい本です。

全米累計100万部を超えるロングセラーの最新版。
プロ・アマ問わず幅広い投資家に向けたメッセージとして、時代を超えて読み継がれる運用哲学のバイブル。
インデックス投資法について詳しく書かれています。

ウォール街のランダムウォーカーの著者と敗者のゲームの著者が共同で書いた本です。
・できるだけ若い時から計画的に貯蓄に励む
・リバランスを通じて資産配分を守り続ける
・市場価格の変動に惑わされない
このあたりが詳しく解説されています。

フォーブス富豪ランキングで常に上位に位置する世界一の投資家、ウォーレン・バフェットの投資手法を明かす稀有な1冊。
豊富なケーススタディで、カリスマが実践するノウハウが身に付きます。
消費者独占型企業への投資について解説されています。
上記関連本。
どうやって長期的競争力のある企業を見抜けばいいのか?
バフェットが手がかりにしたのは財務諸表でした。
本書ではバフェットが長期的競争力のある企業を見つけるために財務諸表をどう読んだかが解説されています。

個別株を選ぶには、決算書を読めることが必須条件。
この本では、決算書の読み方を基本から学べます。
会計のしくみと経営分析のコツが一気にわかる良書。
決算書の読み方もわかるようになります。
会計の初心者、会計の勉強を途中であきらめてしまった人にピッタリです。
会計の知識ゼロの主人公が、アクセサリー販売の会社をつくり、仕事の現場でさまざまな経験をしながら、会計の本質と全体像を学んでいきます。
会計の仕組みを物語風に書かれているので、サクサク読めます。
プロにだまされないために知っておくべき事実が書かれています。
金融業界に存在する利害関係について書かれています。
著者の毒舌を笑いながら、その概要を理解できると思います。
四季報を使った10倍株(テンバガー)、100倍株を見つける原則を解説しています。
過去の四季報の誌面を使用して、原則や方法を検証し、実践的な見つけ方を解説しています。

インタビュー形式で凄腕トレーダーの投資手法に迫っています。
・世界有数のやり手トレーダーたちは、いかにして年間―場合によってはほんの数時間で―数百万ドルも稼いでいるのだろうか?
・彼らの驚くべき成功の裏に隠された秘密とは?
このあたりが解説されています。
投資本ではないですが、どのような投資スタイルをするべきか、考えさせられる本です。
「強みの活かし方」が資質ごとにわかる大ベストセラーです。

投資中級者におすすめの本

 

・投資の基本、銘柄の選び方はある程度はわかっている
・投資成績を上げていきたい人
・企業分析が必須になってくるので、会計の基本は理解していること

普通の人のほうがプロの投資家より有利と説く著者が、有望株の見つけ方から売買のタイミングまで、株で成功する秘訣を伝授。
著者ピーター・リンチは、全米NO.1ファンドマネジャーとまでいわれた株式投資界の伝説の人物。
中級者にとっては、目から鱗の投資方針を示してくれる1冊だと確信しています。
上記の続編です。
運用資産を777倍に育てた伝説のNo.1ファンド・マネジャーが教える勝つための戦略がさらに詳細に書かれています。
投資家に本当の利益をもたらすのは、企業の急成長ではなく永続である。
株式投資の常識を覆し、銘柄選択のあるべき姿を提示した、株式投資の新しい教科書と言えると思います。
全米ベストセラーの1冊です。
個人投資家v-com2氏が書かれた本です。
株主優待に着目した投資法で、個人投資家がとるべき道を示しています。
隠れた名著です。
マイクロソフトやアップルのような株価が100倍になる企業をどう見つけたらよいのかが書かれています。
著者のオニールが提唱している銘柄選択法「CAN-SLIM」法は必見です。
成長株投資の基本~応用がわかる良書です。

約60年前に書かれた本書は、今日でも金融業界の最先端にいる最高峰のプロが学び、それらを応用している名著中の名著。
成長株投資を学ぶ人にとって多くの学びが得られると思います。

ウォーレン・バフェットは投資手法を青年期と老年期で大きく変えています。
この本は若い時のバフェットの投資手法を解説しています。
バリュー投資の一端がわかる良書です。
投資に必要な企業会計を見るポイントが書かれています。
題名の通り、1秒で読むため、非常に重要な会計知識に的を絞って解説しています。
さらにワンステップしたい方は必見の良書です。

上記の続編です。
企業の安全性、収益性、成長性をどのように評価すべきか解説されています。
会社価値算定手法のDCF法、EBITDAといった難解な事項についても解説されています。
バフェット大絶賛した成功する投資哲学について解説されている本です。
著者は冒頭で、読者がこれまでに触れたためしのない投資に関するアイデアや思考方法を伝えることが目的だと言いきっています。
投資をするにあたっての重要な考え方を学ぶことができます。

伝説的なファンドマネジャーのジョン・テンプルトン卿の投資手法について書かれた数少ない本。
グローバルに投資する大切さ、悲観の極みで株は買えなど、様々な発見を得られる良書だと思います。

株式投資上級者におすすめの本

 

株で資産を増やすことができている人
銘柄選択の精度を追求したい人
深く考える必要のある本のため、投資経験・知識は一定以上であること
ウォーレン・バフェットが若き日に学んだ師の著作です。
バリュー投資の神髄について書かれています。
投資人生において最も重要な本になるであろう名作中の名作です。
上記の下巻です。
同じくバリュー投資の神髄について書かれています。

投資本ではないですが、フォード、GE、ゼロックスなどの経営者たち、ウォール街のブローカー、引退後のビジネスマンなどの10の物語を通して、彼らがその人生やビジネスにおいて「どこで間違えたのか(あるいは間違えなかったのか)」を明らかにしています。
投資先のビジネスに対し深い洞察をすることができるようになります。
過去から学ぶことができる良書です。
ニューヨーク連銀総裁、オバマ政権の財務長官を務めた著者がリーマンショックにどう対処したかが書かれています。
リーマンショックがなぜ起きたかが非常に深い知識で書かれています。
投資家として、今後の金融危機を予想・対策するのに参考になる本です。
バフェットの「企業運営」と「投資哲学」について、本人の言葉で書かれた数少ない1冊。
経営者の資質、企業統治、会計・財務について世界一の投資家の言葉が散りばめられています。
一部難解な内容もあるため上級者向けとしました。
8つの会社とその経営者を細かく分析し、そのパフォーマンスを明らかにしています。
8つの会社は、株価の平均リターンがS&P500のそれを20倍以上上回っています。
共通する経営者の特徴について解説されています。

株式投資超上級者におすすめの本

 

望む方すべて
株式投資を極めたい者にとって必読の書。
1934年に出版され、約1000ページにわたり株式投資のハウツーについて書かれた不朽の傑作です。
イメージとしては上級者向けの本で紹介した「賢明なる投資家」の上位互換です。
世界一の金持ちになった投資家ウォーレン・バフェットの投資手法の原点です。
私はこの本が世界最高の本だと思っています。

 

以上、レベル別株式投資のおすすめの本でした。

>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG