株式投資で稼ぐ力がUPする 損益計算書のみかた

この記事では、株式投資で稼ぐ力がUPする 損益計算書のみかたについて解説していきたいと思います。

株式投資で10年間年率20%以上を達成してきた私が、見ているポイントも書きました。

損益計算書のみかたをマスターすれば、株式投資の勝率を格段に上げることができますよ。

 

絶対にマスターしておくべき、スキルです。

 

まず私の簡単な自己紹介をさせてください。

投資歴は今年で10年になり、バリュー株投資を投資法として採用しています。

過去の平均の投資成績は複利ベースで20%以上をキープすることができています。

(これまでにアルバイトで貯めた20万円を1,500万円まで殖やしました)

それも企業の実態価値以下で購入するバリュー株投資を徹底してきたおかげかなと思っています^^

損益計算書のみかたを知らないと企業の実態価値を判断することができませんので、損益計算書について知っておくことはとても大切です。

 

なお、私に興味のある方は、投資している銘柄&成績もこのサイトで公開していますので、よかったらそちらも見ていってください。

 

では、さっそく本題ついてお話していきたいと思います。

 

損益計算書とは?

 

損益計算書は、企業の財務3表の一つで、企業の利益がどのように残ったかを表したものになります。

損益計算書を見れば、最終的な利益がどのような経緯で残ったかがわかります。

 

損益計算書を理解するのに以下の本はわかりやすく説明されているのでおすすめですが、

私の説明を見ていただければ十分の損益計算書の理解が深まるので買わなくても大丈夫です。

損益計算書の概略図

 

損益計算書の概略はこのようになります。

よくわからない用語も出てくると思いますが、がんばってこらえましょう!

各用語は厳密に理解する必要はなく(会計の専門職になるわけでないですから)、

ざっくりこういう感じか、と覚えればよいです。

わからなくなったらこのサイトにまた戻って調べればいいのです。

 

売上高
 売上原価 売れた分の原価
売上総利益 売上高から売上原価を差し引いたもの
 販管費 広告費、人件費など販売に際してかかった費用
営業利益 売上総利益から販管費を差し引いたもの。本業の儲けを表す
 営業外収益 本業以外の儲け(配当収入など)
 営業外費用 本業以外の費用(為替など)
経常利益 営業利益に営業外収益を加え、営業外費用を差し引いたもの
 法人税
純利益 最終的な利益の残り

 

売上高

売上高は、損益計算書の最初に出てくる項目です。

企業が商品やサービスを売った量と価格を掛け合わせたものが売上高です。

私の売上高に関する考え方として、売上高は、社会に対する影響力の度合いだと考えています。

売上高が大きいほど社会に与える影響力が大きいという意味です。

逆に売上高が少ないほど、その企業が提供する商品やサービスが社会に与える影響力は小さいということになります。

 

ですので、この売上高という指標は株式投資をするうえでとても大切です。

 

売上原価

 

売上原価は、「売り上げた」製品に対する原価費用を計上したものです。

「製造した」製品に対する原価費用ではないことに注意しましょう。

 

営業利益

営業利益は、売上高から売上原価と販管費を差し引いたものです。

営業利益は本業の儲けを表すとても大切な指標です。

同じ売上高の企業が2つあるとして、相対的に営業利益が少ない企業は、費用が多くかかっているということになります。

費用は少ないほうがいいですから、営業利益が大きいほど良い企業と言えることができます。

このような考え方を集約した指標が営業利益率と呼ばれるものです。

ぜひここの考え方はマスターしておきたいです。

 

営業外収益

企業に配当収入などがあるとこの営業外収益に計上されます。

営業外なので、本業以外の儲けということになります。

 

営業外費用

借入金の利息の支払い、為替差損などが営業外費用で計上されます。

 

経常利益

経常利益は、営業利益より、企業の業績を総合的に表したものといえると思います。

企業に配当収入がたくさんあれば、営業利益より経常利益が増えますし、

借入金が多い場合は、経常利益が営業利益より少なくなります。

経常利益はより企業の実態を表したものと言えるでしょう。

 

法人税

だいだい経常利益の4割ほどがこの法人税などでもっていかれます。

 

純利益

経常利益から法人税を差し引いた最終的な利益が純利益です。

売上高と並んでとても重要な数値です。

最終的にここが赤字なのか黒字なのかは株式投資の結果にも大きく影響します。

通常赤字でしたら、配当は無配となりますので、配当を目当てにしていた人は

損失になります。

また、純利益が前年比で減ってしまったら、それにつられて株価も減少することが多くなります。

 

ですので、株式投資をする際は、純利益を必ずチェックするようにしましょう。

 

損益計算書は単年で見ても意味がない

 

ここまで損益計算書の基本を見てきました。

ここからは、私が損益計算書をどのように見ているか紹介していきますが、

損益計算書のみかたとして、

損益計算書は単年で見てもあまり意味がないので、

過去3年分くらいの経過も合わせて確認するようにしています。

 

これはなぜか?というと、

株式投資で結果を出すためには、業績の成長率が大切だと考えているからです。

この大前提として、私は株価が企業の利益に連鎖していると信じているから、このような持論になるわけです。

 

株価は利益が変化することによって上下します。

単純に毎年利益が同じだったら、会社の価値は変わっていませんから株価は変化しないはずです。

利益が変化することにより、会社の価値が上下し、株価が変化します。

ですので、「変化率」はとても大切です。

経験則では、この変化率が大きいほど株価も変化しやすいです。

 

この考え方は、私の尊敬するアメリカの投資家ピーター・リンチ氏が書いた書籍に書いてあります。

ぜひ一読されることをおすすめします。

投資家の中ではバイブル的な本です。

で、まず、損益計算書では、当年の純利益が前年の純利益に比べてどうなっているかを見ます。

そして純利益がと合わせて、売上高も同様の比率で伸びているかを確認します。

売上高を同時に確認するのは、利益が伸びたのは

経費を削減したからなのか?

それとも

商品が売れて市場が拡大したからなのか?

を判断するためです。

 

もし前者であれば経費削減は限界がありますからやがて利益は伸びなくなってしまいます。

しかし、後者であれば売り上げが伸びる限り利益も伸びていくはずなので、未来に期待が持てます。

 

これを2年前と比べたら?、3年前と比べたら?を繰り返していくと企業の平均的な成長スピードを算出できます。

この成長スピードが自分の株価に求める上昇率を照らして満足いくものか見ていくのです。

 

私はこのように損益計算書を見ています。

単年でわかることもありますが、複数年見るとより損益計算書を使い倒すことができます。

会社を見る眼も超えてくると思います。

ぜひ損益計算書は複数年、最低でも3年は見るようにしましょう。

 

まとめ

 

  • 損益計算書は、企業の財務3表の一つで、企業の利益がどのように残ったかがわかる
  • 損益計算書の各項目はざっくりでいいので理解しよう
  • 損益計算書は複数年、最低でも3年は見るようにしよう
  • 企業の業績変化率を株式投資に活かせます

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!

株式投資の最新記事8件