損益計算書の見方を株式投資初心者にもわかりやすく解説

この記事では、損益計算書の見方を株式投資初心者にもわかりやすく解説していきたいと思います。損益計算書の見方をマスターすれば、株式投資の勝率を格段に上げることができますよ。絶対にマスターしておくべき、スキルです。

損益計算書の見方を知らないと企業の実態価値を判断することができませんので、損益計算書について知っておくことはとても大切です。

損益計算書で何がわかる?

損益計算書は、企業の財務3表の一つで、企業の年度毎の業績について数字で表したものになります。簡単に説明すると、企業活動をすると売り上げが立ちますが、その売り上げがいくらで、経費がどのぐらいかかって、利益が最終的にどのくらい残ったかを表したものが損益計算書になります。

損益計算書を見れば、最終的な利益がどのような経緯で残ったかがわかります。

損益計算書の項目

では、損益計算書の内訳について解説していきます。

まずはこちらをご覧ください。これは実際に企業が投資家向けに公表している損益計算書です。

このような形で、売上高、営業利益、純利益など企業業績に関する情報が載っています。実際の損益計算書はこのような感じでよくわからない用語がたくさん並んでいるので、以下で投資家として見るべきポイントを絞って解説していきます。

まず大まかに損益計算書の内訳は以下のようになっています(上の実際の損益計算書と比べて見てください)。

売上高 
 売上原価売上の原価となる額
売上総利益=売上高-売上原価
 販管費広告費、人件費など販売に際してかかった費用
営業利益=売上総利益-販管費。本業の儲けを表す。
 営業外収益本業以外の儲け(配当収入など)
 営業外費用本業以外の費用(為替など)
経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
 法人税 
純利益=経常利益-法人税。最終的な利益の残り

では、それぞれについて詳しく見ていきます。

売上高

売上高は、損益計算書の最初に出てくる項目です。企業が商品やサービスを売った量と価格を掛け合わせたものが売上高です。

売上高は、社会に対する影響力の度合いと考えることができます。売上高が大きいほど社会に与える影響力が大きいという意味です。逆に売上高が少ないほど、その企業が提供する商品やサービスが社会に与える影響力は小さいということになります。後程詳しく解説します。

売上原価

売上原価は、「売り上げた」製品に対する原価費用を計上したものです。「製造した」製品に対する原価費用ではないことに注意しましょう。

営業利益

営業利益は、売上高から売上原価と販管費を差し引いたものです。営業利益は本業の儲けを表すとても大切な指標です。

同じ売上高の企業が2つあるとして、相対的に営業利益が少ない企業は、費用が多くかかっているということになります。費用は少ないほうがいいですから、営業利益が大きいほど良い企業と言えることができます。

営業外収益

企業に配当収入など本業以外の収入があるとこの営業外収益に計上されます。営業外=本業以外の儲けという意味です。

営業外費用

借入金の利息の支払い、為替差損など本業以外の費用が営業外費用で計上されます。

経常利益

経常利益は、営業利益+営業外収益-営業外費用で計算できます。

経常利益は、営業利益より、企業の業績を総合的に表したものといえると思います。

企業に配当収入がたくさんあれば、営業利益より経常利益が増えますし、借入金が多い場合は、経常利益が営業利益より少なくなります。経常利益はより企業の実態を表したものと言えるでしょう。後程詳しく解説します。

法人税

経常利益の4割ほどがこの法人税でもっていかれます。

純利益

経常利益から法人税を差し引いた最終的な利益が純利益です。

売上高と並んでとても重要な数値です。最終的にここが赤字なのか黒字なのかは株式投資の結果にも大きく影響します。赤字の場合、株価も大きく下落することがあります。株式投資をする際は、純利益を必ずチェックするようにしましょう。後程詳しく解説します。

損益計算書は年度で比較

ここまで損益計算書の基本を見てきました。

ここからは、私が損益計算書をどのように見ているか紹介していきます。

私は損益計算書を見る際、必ず過去3年分を比較して確認するようにしています。

これはなぜか?というと、複数年度を見ることによって、企業の変化やイレギュラーな値(異常値)を発見することができるからです。

例えば、直近の決算で売上が500という企業があったとしましょう。単年の損益計算書だけを見ていると、この500という数字が高いのか低いのかわかりません。しかし、複数年見ることで、昨年は売上100だったとすると、500という数字が非常に高い数字だということがわかります。このように複数年見ることで、企業の変化をとらえることができます。

また、複数年見ることで、イレギュラーな値(異常値)を発見することができます。先ほどの例で言うと、直近の売上が500の会社の前年以前の売上を確認してみると、毎年売上1000ぐらいあったことがわかったとします。そうすると直近の500という売上がイレギュラーな値(異常値)であることがわかります(通常の半分の売上だから)。このように複数年見ないと、その年の数字が良いのか悪いのかを判断できませんので、複数年比較することが大切になります。

さらに、もう1歩踏み込んで、企業の変化やイレギュラーな値(異常値)がなぜ起きたか?を調べることができると、より洗練された投資家になることができます。企業に大きな変化や異常が起きた場合は、決算短信や有価証券報告書、また四季報などに必ず記載があります。ぜひこれらも合わせて確認しておくことをおすすめします。

損益計算書は同業他社で比較

損益計算書は同業他社で比較することも合わせておすすめします。

同業他社と比較するメリットは以下のようなものがあります。

同業他社で比較することで、売上はどこの会社が一番多いのかなどがわかります。また後述する「損益計算書で見るべきポイント」を同業他社で比較することで、収益力や高コスト体質なのか低コストな会社なのかなどが判別できます。

例えば、自動車会社を調べようと思ったらトヨタだけでなく、日産やホンダも調べてみると、会社間の違いが見えてくると思います。

損益計算書で見るべきポイント5つ

損益計算書で見るべきポイントについて解説します。

①売上が増加しているか?

売上は、その会社が社会に対してどれだけ影響を与えているかを表しているものだと考えています。売上が大きいほど、多くの人がその会社の商品やサービスに満足して使っているということを証明しているからです。

そのため売上が前年と比べて、増加しているかを見るようにしています。売上が前年比で減っていたら、その企業の商品やサービスに何かしらの不満があり、購入者が減っていることを表しています。このように企業のファンダメンタルズが悪化すると株価も下落する可能性が高くなるので、売上が増加しているかは非常に大切にしています。

②営業利益はプラスか?

営業利益は売上-(本業にかかった)経費で表すことができました。営業利益がプラスということは、売上が経費を上回っているということになります。

しかし、営業利益がマイナスということは、経費が売上を上回っているということですから赤字ということになります。どれだけ売上をあげようと、経費がかかり過ぎて手残りがないようでは、企業として失格です。企業は利益を残してなんぼの世界です。

そのため、営業利益がプラスかどうかは非常に大切にしているポイントです。

③営業利益率は良いか?

営業利益率は営業利益÷売上で求めることができます。経費が少ないほど利益はたくさん残るので、営業利益率は高くなります。そのため営業利益率は企業の収益力を見るのに非常に重要な指標です。

営業利益率は一般的に5%前後になるので、それよりも高いかどうかを確認すると良いと思います。※業種によって平均的な営業利益率は異なるので、同業他社で比較することが大切です。

④営業利益>経常利益か?

通常、経常利益は営業利益から本業以外の経費(為替差損など)を差し引いたものなので、営業利益より少なくなります。営業利益>経常利益の状態。

しかし、まれに営業利益<経常利益のときがあります。つまり本業以外の収入(経常収入)がたくさんある場合です。

経常収入は一般的に株からの配当や売却益、収益不動産からの賃料や売却益などであることが多いため、どのような株を持っているのか?、どのような場所に収益不動産を持っているのか?を合わせて確認しておくと良いと思います。その株や不動産がさらに値上がりし、将来的に売却した時に経常利益が大きく上昇する可能性があるからです。

⑤純利益が増加しているか?

「①売上が増加しているか?」と合わせて純利益も増加しているか確認すると良いです。純利益が増加しているということは、売上が増加するか経費が減っているか、どちらかです。いずれにしても企業のファンダメンタルズにとって良い兆候であるため、純利益が増加しているかは株価上昇のサインになる可能性があるのでぜひチェックしておきましょう。

私が読んだ会計本

以上が、損益計算書についての解説になります。私はこれまで多くの会計の本を読んできましたが、その中でもおすすめできる本を羅列しておきます。どれもわかりやすくて、おもしろい本なのでぜひ読んでみてください。

まとめ

  • 損益計算書は、企業の財務3表の一つで、業績について数値化したもの
  • 企業の利益がどのように残ったかがわかる
  • 損益計算書の各項目はまず大枠を理解しよう
  • 損益計算書は複数年、最低でも3年は見るようにしよう
  • 損益計算書は同業他社で比較しよう
  • 見るべきポイント5つは絶対に見るようにしよう

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG