【賢明なる投資家】株式と債券のバランスのとり方とは?

今回は、ベンジャミン・グレアム著の「賢明なる投資家」で書かれている、

株式と債券のバランスのとり方についてまとめていきたいと思います。

 

株式の益利回りと債券の利回りを比べてリバランスすべし

 

ベンジャミン・グレアムは、「賢明なる投資家」で株式の益利回りと債券の利回りを比べてリバランスすべきだと述べています。

もう少し具体的に言うと、株式への投資で利回りが低くなったら、資産のうち株式の投資割合を下げ、債券の投資割合を上げる。

逆に株式への投資の利回りが高くなったら、資産のうち株式の投資割合を上げ、債券の投資割合を下げる、

ということです。

 

株と債券の利回りについて

では、株式投資の利回り、債券の利回りって何?となると思います。

 

債券利回り

 

まず債権の利回りのほうが簡単なので、こちらを先に説明すると、

債権には、利子があります。債券ですから人にお金を貸して、その貸している期間、利子をもらうわけです。この利子を買った価格で割ると、利率が出ます。日本国債だと0.01%とかですよね。この0.01%が債券の利回りになります。

 

債権利回り=利子 ÷ 価格

 

当然この利回りは大きいほうが投資家としては良いわけです。同じ米国債を買うにしても利回りが8%のときと2%のときに買うのでは、8%のときに買ったほうがたくさん利子が入ってくるわけです。

 

株式投資の益回り

 

では、株式投資の利回りとは何でしょうか?

実は株式投資の場合、厳密にいうと利回りではなくて、株式投資の益回り、という言い方になります。

 

では、株式投資の益回りとはどのように算出するのでしょうか?

株式投資の益回りは以下の計算式で出すことができます。

 

株式投資の益利回り= 1 ÷ PER

 

このPERは株価収益率といい、株価が1株当たりの利益に対してどれぐらいの価格ですかというのを判断する指標になります。

PERについて詳しい説明はこちらの記事を見てください↓

関連記事

この記事では、PERの基本・活用法・注意点を解説します。 https://youtu.be/Lk-95R_07lo PERとは?PERの基本 PERとは、別名、株価収益率と呼び、株価が収益に対してどれぐらいの価格水準[…]

 

PER=株価 ÷ 1株当たりの利益

 

話しを戻すと、株式投資の益回りはPERの逆数で計算できるということになります。

 

例えばPER10倍の場合は株式投資の益回り10%となるわけです。

逆にPERが50倍のような企業の株だと益回りは2%になってしまうというわけです。

つまりPERが低いほど益回りは高くなり、PERが高いほど益回りは低くなるということです。

 

株式と債券のバランス比率

 

ベンジャミン・グレアムは、「賢明なる投資家」で

この債券の利回りと株式投資の益回りを比べて、

☑債券の利回りが良い時は最大でポートフォリオの75%まで債権の比率を上げる

☑株式投資の益回りが良い時は最大でポートフォリオの75%まで株式の比率を上げる

ことを推奨しています。

 

ちなみにこのポートフォリオ戦略はどのような投資家でも守るべき基準だと言っています。

本の中では防衛的投資家、積極的投資家という2つ投資家のパターンが出てきますが、どちらの投資家もこのポートフォリオ戦略を守るべきと言っています。

 

この記事では賢明なる投資家の中で書かれた一部分しか紹介していません。

興味のある方はぜひご自身で読んでみられることをおすすめします。

下記リンクからAmazonのレビュー見れます↓


Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG