THEO+docomoの実績は?100万円投資した結果

悩んでいる人
THEO+docomoの実績について知りたいです。最近THEO+docomoに興味があって、いろいろと調べています。できればその実績が他と比較して良いのかも知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

本記事の信頼性
かぶタウン
かぶタウン
投資家(歴10年以上)
平均成績:年利20%(複利ベース)
資産額:8桁
年間投資収益は一般的なサラリーマンの年収より多い状態
かぶタウン(@kabutown
この記事を書いている私は、株式投資歴10年以上です。
平均成績は年利20%で、現在の資産額は8桁ほど。
年間投資収益は一般的なサラリーマンの年収より稼いでいる状態です。

この記事では、投資を検討している方にTHEO+docomoの実績について解説していきます。

 

投資家目線でTHEO+docomoの実績を分析してみました。

 

本記事を読むと、THEO+docomoの実績がわかり、THEO+docomoを始めるべきかの判断の一助になると思いますよ。

 

かぶタウン
THEO+docomoの実力どんなもんかの~



THEO+ [テオプラス] docomoは、NTTdocomoが運営するサービスで、ロボアドバイザーがおまかせで運用してくれる資産運用サービスです。

今急速に浸透しつつあるフィンテックの一種ですね。

 

悩んでいる人
いきなりロボアドバイザーやらフィンテックやら知らない単語が出てきた!

 

ロボアドバイザーとは、金融工学に基づいたロボットが自動でその人に合った資産運用の方法を決めて、実際に運用してくれるサービスのことを言います。通常、資産運用は、自分でどの会社の株にしようかなど人が資産運用の方法を決めますが、ロボアドバイザーはロボットが決めるというわけです。このロボットが優れもので、膨大な金融データからその人に合った資産運用を見つけてくれます

 

ロボットが膨大な金融データから最適な資産運用を自動でやってくれるサービス

 

悩んでいる人
なるほど。なかなか凄そうですね。で、フィンテックは何ですか?

 

かぶタウン
フィンテックはfinancial(金融) technology(工学)の頭文字を取ったもの。ITを駆使した金融サービスのことです。

 

フィンテックの一つとしてロボアドバイザーという金融サービスがあるというイメージです。

 

ロボアドバイザーが自動で資産運用してくれるサービス

 

THEO+docomoの利回り・実績は?

 

悩んでいる人
資産運用するならどれぐらい増えるのか知りたいです
かぶタウン
資産運用をする上でどれぐらい増えるかは「利回り」で判断することができます
利回り=資産増加分÷元本
利回りが高いほど資産増加分が大きいため、資産増加速度が速くなる
例えば、元本100万円で5%の利回りだったら毎年5万円ずつ増えるイメージですね。
では、THEO+dococomoの利回りはどれぐらいかというと、公式データでは以下のようになっています。
リスクレベル 平均利回り
低リスク 9%~12%
中リスク 12%~16%
高リスク 16%~19%
ここでリスクという言葉が出てきていますが、リスクとは短期で見た場合の利回りの変動幅のことを言います。
例えば、中リスクでは平均利回りが12%~16%となっていますが、これはあくまで平均で、短期間で見るとー10%~+30%みたいな感じで(数字は適当です)利回りが変動します。この変動幅のことをリスクと言います。そして利回りが高いものほどリスク(変動幅)が高くなるのがポイントです。
以上が、THEO+docomoの利回りの公式データなのですが、インターネット上の評判を見ると、実態は7%前後の利回りの人がほとんどのようです。
自分の感覚でも7%前後が良いところではないかなと思います。私も100万円ほど3年間投資した結果、平均で6.5%という利回りになりました。
かぶタウン
THEO+docomoに投資する場合は7%前後の利回りになると思って投資したほうが良さそうです。

 

THEOの利回りは良い?平均並み?悪い?

 

 

悩んでいる人
利回り6.5%ですか。それって良いんですか?
かぶタウン
では、ほかの投資対象はどれぐらい利回りがあるのか紹介します。

 

Wealthnaviとの比較

THEO+docomoとよく比較検討されるのが、同じロボアドバイザーのWealthnavi(ウェルスナビ)です。

 

Wealthnaviについて知らない方はこちらの記事を参照ください。

ウェルスナビとは?【概要や特徴を詳しく紹介】

 

投資の仕組みとか手数料も似たような商品ですが、実績はというと、実績もほぼ同じような結果でした。

 

ウェルスナビにも100万円程投入したのですが、こちらも利回り約6%でしたので、同等の結果が得られるものだと思っていいと思います。

 

やはり投資の仕組みが似ているので、結果もそんなに変わらないというのは当然ではないでしょうか。

 

投資結果に大きく影響するものとして、やはりリスク許容度の設定次第だと思います。

 

リスク許容度とは、価格の変動幅にどれぐらい許容できるかです。

 

リスク許容度が高い場合、短期的な価格の変動が大きくなりますが、長期的なリターンが大きくなります。

 

一方、リスク許容度が低い場合、短期的な価格の変動が小さくなりますが、長期的なリターンも小さくなります。

 

リターンが欲しければリスクを取る必要があるということですね。

 

THEO+docomoやWealthnaviでは、リスク許容度の設定を最初に行いますので、投資結果はその設定次第になります。

 

S&P500との比較

他によくある比較として、S&P500との比較が挙げられます。

 

S&P500とは、米国株式市場に上場する500社のことで、日本で言うTOPIXみたいなものです。

 

具体的にはS&P500という上場投資信託(ETF)に投資することによって、S&P500に投資することができます。

 

では、S&P500に投資するとどれぐらいの利回りになるかというと、約7%ぐらいです。

 

ロボアドバイザーとそんなに変わらないです。

 

7%という数字は過去30年~50年の統計結果から偉い学者が出した数字なので、信憑性については高いと思ってよいと思います。

 

しかし、S&P500に投資する場合、1つ重大な意思決定が必要になります。

 

それは投資する時期を自分で選ばないといけないということです。

 

S&P500はたしかに長期で見ると7%の利回りに収束する可能性が高いですが、短期的には高値の時に買ってしまうと、大暴落する可能性があります。

 

例えば、リーマンショックやコロナショックなどです。

 

投資を始めた直後にこういったものが起きると一気に半値近くまで資産が減ってしまいます。

 

これがS&P500に投資するデメリットかなと思います。

 

なので、S&P500に投資する場合はこういったことが起きる可能性も視野に入れて投資する必要があります。

 

その点、ロボアドバイザーはAIアシストが搭載されているので、大幅に下落すると判断した場合に安全資産へ組み入れ比率を自動で調整してくれているので、下落リスクを低減してくれます。

 

これが大きな違いかなと思います。

 

利回り的には1%ぐらいしか違いませんが、そこをどうとらえるかが個人の好みかなと思います。

 

個人的には、投資初心者ほどロボアドバイザーよりの投資のほうが良いのではないかと思います。

 

THEO+docomoの良い点①:ロボアドバイザーによる自動運用

 

ロボアドバイザーによる資産運用の最大のメリットは、自分でどの株に投資しようかということを考えなくてよいという点です。

 

最初にいくつかの質問に答えるだけで一人一人に適した最適な投資方法を決定してくれます。診断結果をもとに、231通りの中から一人ひとりにあったポートフォリオで運用が行われます。値上がり益重視のグロースポートフォリオ、安定性重視のインカムポートフォリオ、インフレ対策重視のインフレヘッジポートフォリオという目的別の3つの機能ポートフォリオを組み合わせます。

 

先ほど少し説明した「リスク」と関連するのですが、リスク許容度というのがありまして、資産額の変動幅に対してどれぐらい許容できるかを数値化したもので、リスク許容度をロボットが自動判断してくれるわけです。

リスク許容度が高いほど大きく儲かる確率も高くなるが、失敗する確率も高くなる

 

かぶタウン
これをロボットが自動で診断してくれるというわけです。

 

しかし、THEO+docomoの良いところは、リスク許容度が高く診断されたとしても、大きく資産を減らさないように調整してくれます。

 

AIアシストが搭載されているので、大幅に下落すると判断した場合に安全資産へ組み入れ比率を自動で調整してくれているので、下落リスクを低減してくれます。

 

悩んでいる人
もしかして優秀すぎですか?
かぶタウン
そうですね。投資で資産8桁を作った私でもここまで適切な投資判断できるかというと、はっきり言って自信がないです(笑)

THEO+ docomoの利用者の65%の人が、投資を今まで一度もしたことがない人たちです。

 

悩んでいる人
私もそうです。

 

THEO+docomoは投資について知識がない方でも資産運用ができる画期的なサービスです。ロボットが全て自動でやってくれるからです。

これもフィンテックというテクノロジーの発展の恩恵です。

 

ロボットがプロ並みの膨大な金融知識から資産運用してくれるのがTHEO+docomoです。

 

THEOの良い点②:1万円から始められる

 

THEOの良いところとして1万円から始めることができるという点です。

 

実際、利用者の88%の人が30万円以下で利用をしていると公式HPにあります。

 

(参考)投資金額別利用者の割合

10万円未満:21.4%
10万円~50万円:53.4%
51万円~100万円:13.1%
101万円~500万円:10.6%
500万円~1000万円:1.1%
1,000万円以上:0.4%

 

悩んでいる人
あまり肩ひじ張らずにまずは少額でやってみるという人が多いみたいですね

 

 

THEOの良い点③:5つの簡単な質問に答えるだけで始められる

 

THEOの最大のメリットは開始時のハードルの低さにあります。

 

具体的には5つの質問に答えるだけで、228通りの運用プランからあなたに適したプランを選んでくれます。

 

228通りってすごいですよ。

投資に熟練した人でもそこまでのパターンの投資手法を持っている人は少ないと思います。

それがロボアドバイザーでは可能だということです。

 

リスクを取りたい人からあまり取りたくない人まで幅広く対応できるということですね。

 

かぶタウン
質問の内容も初心者の方でもわかる簡単な質問でした

 

THEO+docomoの良い点 まとめ

 

①ロボアドバイザーが自動運用

②1万円から始められる

③5つの質問で始められる

 

THEO+docomoのデメリット①:手数料がかかる

 

ここでTHEO+docomoの悪い点を紹介します。

 

1つ目は手数料がかかるところです。

 

THEO+docomoは自分で投資する株を選んだりする個別株投資ではないので、このサービスを使う場合は手数料を取られます。

 

手数料は預け資産の1%です。

 

一般的に金融業界のこうしたサービスの手数料は1%~3%なので、平均より少ない手数料と言えると思います。

 

1%は必要経費として払ってもいいかを判断する必要があります。

 

かぶタウン
THEO+docomoの平均利回りが7%前後なので、手数料1%引いて、6%ぐらいが実質的な利回りになります

一般的に、投資の利回りとして6%の利回りは悪くない数字と言われています。

 

THEO+docomoのデメリット②元本割れのリスクがある

 

THEO+docomoはあくまで投資商品です。

 

THEO+docomoに限らず、全ての投資商品は元本割れのリスクがあるということを覚えておきましょう。

 

最悪の場合、投資した額がマイナスになるかもしれないということです。

 

ただし、投資は長期で見ると、資産は増えていく可能性が高いと言われています。

 

リスクの話を思い出してほしいのですが、リスクは短期での変動幅です。1か月や半年では、マイナスになる可能性もありますが、時間が経つと平均利回りに収束していく特性もあります。

 

つまり時間がリスクの変動幅を打ち消していくイメージですね。

 

時間をかけるとトータルで年平均7%前後の利回りが得られるイメージです。

 

時間をかければ資産は増えていくので、時間を味方につけましょう。

 

そのためにも投資は余裕資金で行い、少しずつ始めていくのが大切です。

 

悩んでいる人
1万円から始められるし、まずは余裕資金で試すのが良さそうですね
かぶタウン
はい。余裕資金+長期で投資をするのが、正しい投資への向き合い方です。

THEO+docomoデメリット まとめ

 

①手数料がかかる

②元本割れのリスクがある

 

総まとめ

 

・THEO+ [テオプラス] docomoは、ロボアドバイザーが自動運用してくれる資産運用サービス

・THEO+docomoの利回り・実績は7%前後

 

・THEO+docomoのロボアドバイザーはかなり優秀

・THEO+docomoは1万円から始められる

・THEO+docomoは5つの質問に答えるだけで始められる

・THEO+docomoの手数料は1%

・THEO+docomoはあくまで投資商品なので元本割れのリスクがある

 

以上がTHEO+docomoの解説になります。

 

悩んでいる人
THEO+docomo良さそうですね!とりあえず始めてみたいです。
かぶタウン
いいですね。挑戦しないと何も変わらないですからね!下記リンクをクリックすれば公式HPの口座開設ページへ行けますよ。
クリックして、口座開設する↓

1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】

THEOは気軽に始めることができるので、使っているうちに投資に興味がわいてくると思います。

まずは投資に少しでも興味のある方は、はじめの一歩として始めてみるのはいかがでしょうか?

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG