バリュー投資は儲からない?【バリュー投資歴10年が解説】

みなさん、こんにちは。かぶタウンです。

 

今回は、「バリュー投資は儲からない?」こういう疑問に答えていきたいと思います。

 

この疑問に答える私は投資歴10年以上でバリュー投資を手掛けています。簡単に自己紹介を書いておきます。

 

☑株式投資歴は12年ほど。学生時代に貯めた数十万円を10年で75倍にまで増やしました(今も加速中)。

☑ウォーレン・バフェットを尊敬しており、彼のバリュー投資を実践しています。

☑バリュー投資だけでなくグロース投資もしており、ポートフォリオを効率的に最大化できるように頑張っています。

☑2019年6月から「かぶタウン」を開始。株式投資に関する役に立つ情報を発信しています!!

ちなみにサイト運営開始から投資成績を公表しています。昨年度の2019年は年率+116.2%でした。

 

ちょっと胡散臭いなと感じた方もいるかと思いますが、ポートフォリオは毎週公開してるので嘘のつきようもないかなと思っています。

ポートフォリオは以下で公開しています。よろしければご覧ください。

note(ノート)

経済的自由を得るためにはどうすればいいのか?にフォーカスして発信しています。自身でも株式投資をおこなっており、約11年で…

 

いちおう、そんな感じで資産は始めた当初から見ると75倍以上になっていますが、私は一貫してバリュー投資をおこなっていきました。

 

ですので、バリュー投資には肯定的な見方を持っている人間です。ただしバリュー投資と対極にあると考えられているグロース投資も手掛けており、どちらが良いという偏った見方を持っているわけでもありません。グロース投資も良いところがありますしね。

 

では、そんな感じの僕のバリュー投資に対する考えを書いていきたいと思います。

 

動画で見たい方はこちらをどうぞ。

 

 

バリュー投資は儲からない?

 

結論から言うと、バリュー投資は儲かると断言できます。

 

実際、私がバリュー投資で資産を大きく増やすことができたのが何よりの証明です。

 

私が特別な才能があるとかではなく、世間一般的にバリュー投資は資産を増やしていくのに王道的な手法だと思います。

 

世界一の投資家ウォーレン・バフェットもバリュー投資で資産を築いてきましたし、世界的に有名な投資家もバリュー投資をやって大富豪になりました。

 

日本でも個人投資家でバリュー投資を手掛けていて億万長者になった方はけっこういて、有名なところだと、「みきまる」さんといった方がいらっしゃいます。個人で総資産数億円を持っておられるようです。「みきまる」さんは優待+バリュー投資で莫大な資産を築かれたようです。

 

四季報の大株主に名前を連ねるような人もよくよくその保有銘柄群を見るとバリュー投資をしておられることがわかります。

 

このようにバリュー投資は資産を形成するうえで確立された信頼できる方法だと私は確信しています。

 

バリュー投資のメリット・デメリット

 

では、もう少し論理的にバリュー投資がなぜ良いのか?バリュー投資のメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

 

メリット

 

まずバリュー投資をやっていて良いと思うことは、損をしづらいこと

 

割安で買っているので、買った価格より下がりづらいという特徴があります。

 

そのため投資元本を保全しつつ配当収入を通じて確実な資産拡大をすることができます。

 

私はこれが何よりのメリットだと思っています。

 

じっくり、しかし確実に資産を増やしていきたいタイプにはぴったりの投資法だと思います。

 

デメリット

 

デメリットとしては、グロース株のように株価が10倍になったりするということがないこと。

 

なので値上がり銘柄を当てられたとしても一気に資産を拡大できるわけではないということがデメリットかなと思います。

 

メリットとデメリットは相反するものなので、じっくり確実さを求めるならバリュー投資ですが、とにかく早く!イチかバチかみたいな投資にはなりません。

 

バリュー投資は難しい

 

とはいえ、バリュー投資は投資法として簡単かというとそうではありません。

 

PERやPBRで割安感を測るというのはバリュー投資で王道ですが、少し厳しい言い方をすると、PERやPBRだけでは真の割安感は測れないと思ってください。

 

投資の入り口としてPERやPBRを勉強したと思いますが、それだけでは到底バリュー投資とは言えません。私も投資を始めたばかりの時はPERやPBRが低い銘柄を選べばいいんだなと思っていましたが、かなり浅はかだったことに自分で恥ずかしくなりました。

 

そこでとりあえずこれを読んでおけば、バリュー投資で一人で銘柄選びができるようになると思われる本を3つ私のほうで選びました。まずはこの3冊を読んでみてバリュー投資について勉強すると良いと思います。以下にリンクを貼っておきます。

 

関連記事

みなさん、こんにちは。かぶタウンです。   今回は、バリュー投資を学びたい人に向けてどういう本で勉強したらいいの?という疑問に答えていきたいと思います。   まず、私のことを紹介させてもらうと、こ[…]

 

バリュー投資の売り時

 

バリュー投資とは、会社が持つ決算の数字など定量的な面で割安かを判断し投資します。

 

会社の持つ資産のうち現金はどれくらいか、棚卸資産は売れるかわからないので8割掛けくらいで見積もっておこうといった感じで、見積もっていくと大体の会社の価値が判断ができます。

 

その価値より割安で買えばバリュー投資になるわけです。

 

あとはその価値まで価格が上がるまで持ち続ければいいだけです。

 

バリュー投資はこの通りシンプルで理路整然としています。

 

バリュー投資の売り時は、人によって考え方は違いますが、私は適正価格になったら売ることにしています。

 

先ほど言った見積もった会社価値と等価になったときですね。

 

これはバフェットの「高値で売れると思ってはいけません」という言葉を大事にしているからです。

 

高値になるほどババ引きの要素が強くなって、投機的になるので、売れるかわからずハラハラするよりとっとと売って次の割安株を見つけてしまおうという作戦です。

 

なのでバリュー投資の売り時はシンプルといえます。

 

バリュー投資が儲かるメカニズム

 

バリュー投資がなぜ儲かるかというのを最後に解説したいと思います。

 

先ほど言った元本を保全しつつ配当収入で確実に資産を増やしていくというのが基本なのですが、ポイントはこの配当を再投資することです。

 

再投資することでさらに投資元本が膨れ上がっていき、値上がりした時の値上がり益が膨らむのです。

 

さらに下げ相場で株価が不幸にも下がったとしても、配当を再投資することで平均取得単価を下げることができ、下げ相場が終わった後に値上がりした時に値上がり益が膨らむ仕組みになっているのです。

 

この配当再投資戦略は、長期で見るととんでもない利回りの差を生むのでぜひやったほうがいいですよ。

 

まとめ

 

はい、というわけで今回は以上になります。

 

バリュー投資はこれまで成功してきた投資家のほとんどが実践してきた投資法です。

 

ゆっくり確実な投資法で、それがメリットでもありデメリットでもあるわけですが、優れた投資法だと思っています。

 

投資パフォーマンスを上げられるようにぜひ勉強してみてくださいね。

 

それでは。

 

おすすめ記事

関連記事

このページは、株式投資のことを全く知らない投資初心者の方が一から勉強して自力で株を選べるまでのロードマップを作りました。   「これをすれば必ず稼げる!」というようなものではありませんが、株を始めたいという方が最速で稼[…]

関連記事

このページでは、お金持ちになるための方法論を展開します。絶対に理解しておきたい教養です。   お金持ちとは? まず、お金持ちとはどういう人を指すでしょうか?   高級車に乗ったり、高級住宅街[…]

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!

株式投資初心者講座の最新記事8件