ウェルスナビの利回りはどれぐらい?【セミプロが解説】

みなさん、こんにちは!「かぶタウン」を運営している者です。

 

今回は以下のような方に役立つ記事になっています。

 

・ウェルスナビの利回りを知りたい
・ウェルスナビをやってみようと考えているけど、どれぐらい殖えるのか知りたい
・投資の専門家の意見を聞いてみたい

 

本記事の内容

・ウェルスナビで運用した場合の利回り
・25年後どれぐらい殖えるのか
・セミプロで投資をしている僕がウェルスナビをやるべきか評価します

 

この記事を書いている僕は株式投資歴12年ほど。投資元本は12年の間で100倍以上に増やしています。株式投資についてはセミプロ並みにやっていますので投資に関しての知識はかなりある方だと思います。こんな感じの僕が書いています。

 

ウェルスナビやってみようかなと検討している人はぜひ参考にしていただければと思います。

 

ウェルスナビの利回りはどれぐらい?

 

ウェルスナビの利回りの結論は以下です。

 

リスク許容度の場合、利回り0.3
リスク許容度の場合、利回り1.7
リスク許容度の場合、利回り3.5
リスク許容度の場合、利回り5.5
リスク許容度の場合、利回り7.9

 

1.リスク許容度とは?

 

上のまとめた利回りを見ていただければわかるのですが、リスク許容度に応じて利回りが異なります。

 

このリスク許容度とは、ウェルスナビが独自で設定しているもので、運用する人に合わせて5段階でその名の通りリスク許容度を用意しています。リスクとは運用したお金が減る可能性のことです。リスクが高いということはそれだけ運用したお金が減る可能性が高いというかんじです。

 

例えば、年齢がそれなりにいっていて(50代とか)、元本の目減りがイコール老後資金が減ること、みたいな人はリスク許容度は低いですよね。逆に若くてこれから収入を稼いでいく時期にある人は多少の元本の目減りは収入で相殺できる可能性が高いので、リスク許容度は高い。こういったかんじです。

 

実際にリスク許容度は申し込むときにいくつか質問をされて自動判定されるので、あんまり気にしなくてもいいと思います。

 

ここで重要なのはリスク許容度が高いほど利回りが良くなるということ。

 

投資の世界では、こういう格言があります。

リスクとリターン(利回り)は比例する
したがってリスクをとった分だけリターンが高くなるというわけです。
したがって、自分のリスク許容度と利回りとをバランスを見ながら決めることが大切です。最後に僕のおすすめのリスク許容度と利回りを紹介します。

2.過去25年間でどれぐらい殖えたのか?

 

1992年1月から2017年1月までの過去25年の期間で、WealthNaviの推奨ポートフォリオを用いて資産運用のシミュレーションを行うと、どうなったかというのが公式サイトで公開されています。

 

それによると、25年間で資産は2.4倍に成長し、1年あたりのリターンは6.0%という結果となりました。

 

実は、この6%という数字。かなり信憑性の高い数字だと思っていて、株式投資における長期の平均的な利回りは7%前後と言われています。これは金融額の大学教授とかの論文で発表されています。したがってウェルスナビで運用して1年あたり6%というのはあながち嘘ではないと思います。

 

3.セミプロから見た評価

 

僕の結論は以下です。

 

ウェルスナビは長期で資産形成していく人にとって優良な投資ツール
さっきも言った通りなのですが、ウェルスナビの過去25年間の利回りは年6%ぐらいです。ほぼ株式投資の長期の平均期待リターン7%と一致しています。
実はこの「平均」に勝つというのは非常に難しくて、実際のところ長期で見た場合7%前後のリターンを出し続けることができる人はほとんどいないと言われています。それだけ株式投資の世界は難しいということですね。
したがって、変に欲を出して個別株で勝負しようとするより、多くの人にとって平均を確保できる投資ツールは長期の資産形成に最適な選択です。なので、ウェルスナビは賢い選択だと思います^^
注意点は、長期で実施すること。短期だと投資の恩恵は受けづらいので、長期でコツコツ積み立てることをおすすめします。
あと、リスク許容度の取り方のおすすめですが、私は4か5でいいと思います。というのは、ウェルスナビは非常にたくさんの投資対象に分散投資しているので、そもそもリスクがかなり分散されています。さらに1~3レベルのリスク許容度だとあんまり投資メリットがなくて、資産が増えないという本末転倒な結果になりかねないです。投資すると決めたからにはそのお金はある程度リスクをとっていったほうが後々後悔しないと思います。
ウェルスナビの利回りについての解説は以上になります。最後に余談で「時間と投資リターンの関係性」について解説していきたいと思います。別に興味ないという方はここで読み終えてもらってOKです。ウェルスナビの詳細はぜひ公式サイトで確認してみてください。
ウェルスナビ公式サイトへ

時間と投資リターンの関係性

 

以下の記事はこういう人に役に立ちます。

・時間と投資リターン(利回り)ってどう関係があるのか知りたい
・投資するなら長期っていうけど本当?

時間と投資リターン(利回り)の関係性

 

結論は、以下です。

短期ではリターンがばらつくが、長期ではリターンが安定する
どういうことかというと、短期(1年とか)はリターンが15%になったり、-15%になったりと振れ幅が大きくなります。リターンがばらつく状態ですね。
一方、長期(10年以上)ではリターンは振れても7%~9%とかで安定してきます。振れ幅が小さい状態です。
なぜこういうことが起きるかというと、短期ほど不確実性が高いからなんですね。要は、ある年はすごく相場が良かったけど、別の年は大暴落したという感じで、どの年に始めたかによってばらつきが起きやすいということです。相場が良い時に始めたらリターンが15%とかになるかもですが、悪い時に始めたら-15%になる可能性があるということです。
逆に長期は良いも悪いも経験済みなので、リターンがリスクに比例したものになってくるんですよね。

投資するには長期が良い?

 

今言った話を聞くと、長期のほうが良さそうだなとなんとなく感じますよね。まったくその通りで、長期で運用していくことで実力(期待リターン)がきちんと反映されます。つまりあなたの資産も同様に期待リターンの分だけ増えるということになります。

 

さらに長期で運用するとメリットがあります。

 

長期で運用するほど資産が増えます
単純な話で、5年運用して利回りが5%なら1.05×1.05×1.05×1.05×1.05×=1.27で元本が1.27倍になっていますが、1年なら5%しか増えていません。だから長くやるほど有利な仕組みになっています。投資をやるときは長期で時間を味方につけるとよいです。

まとめ

 

・ウェルスナビの利回りはリスク許容度によって異なる
・平均では6%程度の利回りが期待できる
・僕のおすすめはリスク許容度4or5
・短期はリターンがばらつき、長期は安定する
・長期で投資するほど資産が増える
というわけで今回は以上です。
ウェルスナビは株式投資の平均的な利回りが確保できるのでおすすめです。興味のある方は早速始めてみることをおすすめします。

Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG