10年間年率20%の私のポートフォリオ 19/8/12-8/16

今週の投資成績とポートフォリオの内訳を公開します。

収益バリュー、資産バリュー株への投資を10年続けて平均年率20%以上を達成してきました。この記事では現在のポートフォリオの内訳と成績を公開しています。

 

ポートフォリオ内訳

今週は新規購入銘柄が1つです。赤字が新規購入銘柄です。

【現物】

銘柄コード 銘柄名 平均取得単価(円) 現在値(円) 評価損益率(%) PER PBR
1407 ウエストHD 1,081 1,162 +7.4 8.3 1.8
2221
岩塚製菓
3,908
3,850
▲1.4
17.9
0.3
2676 高千穂交易 1,009 1,079 +6.9 12.0 0.6
3221
ヨシックス
2,556
2,891
+13.1
18.4
4.1
3297 東武住販 1,136 1,028 ▲9.5 6.1 0.9
3436 SUMCO 1,524 1,270 ▲16.6 8.4 1.4
3457 ハウスドゥ 1,172 1,504 +28.3 13.4 2.6
3537
昭栄薬品
926
902
▲2.5 11.8
0.4
3892 岡山製紙 731 738 +0.9 6.4 0.4
4676
フジメディアHD
1,523
1,330
▲12.6
9.0
0.4
5971
共和工業
3,858
4,130
+7.0
7.6
0.5
7182
ゆうちょ銀行
1,102
985
▲10.6
13.6
0.3
7565 萬世電機 1,962 1,885 ▲3.9 9.3 0.4
8103
明和産業
390
504
+29.2
8.9
0.6
8550
栃木銀行
184
165
▲10.3
11.4
0.1
8551
北日本銀行
1,835
1,683
▲8.2
9.4
0.2
8909 シノケンG 901 792 ▲12.0 4.8 0.7
9401
東京放送HD
1,877
1,655
▲11.8
19.3
0.5
9409
テレビ朝日HD
1,812
1,680
▲7.2
18.0
0.5

【信用売り】

銘柄コード 銘柄名 平均取得単価(円) 現在値(円) 評価損益率(%)
**** 非公開 **** **** ***
**** 非公開 **** **** ***
**** 非公開 **** **** ***
**** 非公開 **** **** ***

対指標

 

PF 日経平均 TOPIX JASDAQ 東証2部 マザーズ
7/29~8/2 9.4% ▲1.3% ▲1.2% ▲1.7% ▲0.7% ▲2.2%

 

所感

 

今週も、相場が大きく崩れ、各指標とも大幅な下落となりました。

8月に入ってから株式市場を振り返ると、日経平均は5.9%も下落しています。

また、新興市場も5%以上の下落となり、大型株のみならず小型株も厳しい環境が続いています。

相場環境としてはかなり厳しい環境が続くと思われます。

 

 

一方、ポートフォリオは市場平均とは反対に+9.4%の成績で終わることができました。

8月に入ってからの通算も、+8.7%という結果になりました。

厳しい相場環境ながらも結果を残すことができて、まずは満足しています。

 

主な要因としてはポートフォリオ内の【8103】明和産業が高騰したこと、ポートフォリオ内の各銘柄も市場平均以下の下落にとどまってくれたこと(中にはプラスのなった銘柄もあり)が大きな要因です。

唯一先週末比で大きく落としたのが、ハウスドゥ。先週末比マイナス7.2%でした。決算発表で一時マイナス11%になりましたが、絶対評価ではハウスドゥの決算内容は決して悪いものではなく、すばらしい成長率を維持してくれていました。また、割安感も全然あるため、売りにはなりません。こちらは引き続き保有を続けたいと思います。

一方、全体で見れば下落した銘柄のほうが多く、厳しい展開となったことには間違いありません。

 

そして、今週は1銘柄新規で買いました。なお、信用取引で買ったため、信用取引の特性を考慮して非公開とさせていただきますのでご了承ください。

 

ポートフォリオ内の特筆すべき銘柄の状況については以下の通りです。

・まずはハウスドゥ。前述したとおり、先週末比▲7.2%と厳しい展開となりました。しかし決算内容は良く引き続きホールドです。

 

・昭栄薬品が決算発表しました。決算内容は悪かったものの、同社の株を買った理由は崩れていないことから、売却とはしませんでした。買いの理由についてはこちら。

 

・明和産業が、政策保有株の売却を発表し、その売却益を中間配当で出すことを発表しました。発表時の配当利回りは、12%を超えていて、ストップ高となりました。今現在も配当利回り11.1%となっており、今後もその高い利回りを目当てに買いが入ってくることが予想されます。今回の増配による株価上昇ですが、このような値上がりこそ資産バリュー株投資が求める姿になります。今回の場合も明和産業はたくさんの資産を持っている株で、資産バリュー株に該当する銘柄でした。明和産業は地味、人気がない銘柄だと思いますが、私にもたらしてくれた利益は、人気銘柄より大きなものです。先週末比+42.8%です。

 

・北日本銀行が先週末比+4.4%でした。北日本銀行は、財務体質が良く、今懸念されている不動産への融資が少ない堅実な銀行です。もっと下がれば買い増したい優良資産バリュー株です。

 

なお、今週のポートフォリオのパフォーマンス上昇により、ついに2019年の年率が20%を超えることができました。今年はなかなか厳しい相場を予想していましたが、まずは達成することができてうれしいです。今年も残り半年を切りましたが、20%を維持できるように、驕らず臆病にならず、淡々とやるべきことに注力していきたいと思います。

 

 

いかがでしたか?当サイトでは他にも様々な投資法を紹介したり、個別銘柄の分析、実際の私の投資銘柄も公開しています。気に入っていただけたら、お気に入りへの追加、下のSNSボタンから「いいね!」をお願いします。

投資にあたっては、リスク許容度など人によって様々です。くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

株式投資 成績公表
Twitterで最新情報をつぶやいてます!
>10年以上年率20%の私の”今”の保有株

10年以上年率20%の私の”今”の保有株

勝ってる投資家が何に投資しているかがわかります! ▶金持ちになりたくて株式投資を始めたが、上達している気配がない ▶自分の投資法が確立していなくて、どうすればいいかわからない ▶買いや売りのタイミングがわからない▶こうした悩みを一瞬で解決するのは勝ってる投資家の真似をすることです!

CTR IMG