ウェルスナビとは?【概要や特徴を詳しく紹介】

・ウェルスナビについて知りたい
・ウェルスナビに興味があってやってみようかなと思ってる
・ウェルスナビって結局どうなのか知りたい

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

・ウェルスナビの概要や特徴など基本が学べます
・ウェルスナビは資産運用手段として問題ないかお伝えします
この記事を書いている僕は株式投資歴12年ほど。投資元本は12年の間で100倍ほど増やしています。株式投資についてはセミプロ並みにやっていますので投資に関しての知識はかなりある方だと自負してます。
ウェルスナビやってみようかなと検討している人はぜひ参考にしていただければと思います。

 

ウェルスナビとは?

 

1.全自動で資産運用

まずこれが一番の目玉ではないですかね。全自動で資産運用とは、どういうことかというと、今までのというか普通の資産運用は、

 

目標を設定する→株に〇%、債券に〇%のように配分を決める→どの国のどの会社の株にするか決める→買い注文→売り注文
みたいな形で、「目標を設定」してからやることが多くてさらに難しいので、資産運用のハードルが高かったんですよね。それがウェルスナビに代わってから「目標を設定」してからのプロセスをロボアドバイザーが瞬時に計算して最適解を出してくれるようになりました。今の最新金融テクノロジーは、株式に〇%投資してA社に〇%投資しようというのを瞬時に判断してくれます。
これが自分でやるとなると、うまく立ち回るのにある程度経験が必要です。株で大損したというのはよく聞く話で初心者が独力で資産運用でしっかり増やしていくというのは難しいからです。

 

2.ノーベル賞受賞のポートフォリオ理論を適用

ウェルスナビはノーベル賞受賞者が提唱するポートフォリオ理論を適用しています。ポートフォリオというのは、簡単に言うと資産の内訳のことです。株〇%、債券〇%、金〇%みたいなかんじで、資産の内訳のことをポートフォリオと呼びます。

 

で、ここでいうポートフォリオ理論とは、リターン(利回り)をどのくらい求めますか?あるいは下落するリスクはどれぐらいありますか?というのを基にして、どのように資産運用していくかを決めることです。ちょっと難しいですよね。例えば、リターン(利回り)はあなたがもらえるお金のことですが、これは当然多いほうがいいですよね?リターン3%よりは10%のほうがいいはずです。でも、実はそれと一緒にくっついてくるのがリスクというものです。リスクはほぼリターンに比例すると言われており、リターン3%より10%のほうがリスク(つまりあなたのお金がなくなる可能性)が高いということです。だから人によってはリターン3%でいいからリスクはあんまり取りたくないという人がいたり、リスクは全然とるからハイリターンでお願いします!みたいな人もいるわけです。

 

これをウェルスナビでは、いくつかの質問に最初に答えるだけで、自動でポートフォリオを組んでくれます。さらにいくつかある金融商品の中でリスクを最小化しリターンを最大化するようにポートフォリオ組んでくれます。これは控えめに言っても最高だと思います。自分でやるとなると相当大変だし、失敗するリスクが初心者だとどうしても高くなってしまうからです。

 

3.世界中の株式に分散して資産運用

ウェルスナビの良いところは世界中の株式に分散して資産運用できるところだと思います。投資信託の界隈ではこの世界の株式に分散投資するというのが流行っていまして、これはけっこう良い流れかなと思っています。というのも今までは1個人が世界中の株式すべてに分散することなどできなかったので、大金を動かせる投資信託ならではでしかできない投資方法かなと思います。

 

これにはもう一つ重要なメリットがありまして、分散して投資することでどこかの国の株式が暴落したとしてもほかの国の株式でカバーできるというメリットがあります。平常時は新興国の高い成長率でどんどん資産の積み上げをおこなっていき、新興国がちょっと傾き始めたなと思ったらロボットが瞬時に安全な先進国の株式に切り替えるというようなことをやってくれるわけです。こういうのは判断の正確さ、スピード感ともにロボットに軍配が上がると思うので、ウェルスナビの大きな特長の1つかなと思っています。

 

ウェルスナビは資産運用を考えるすべての人におすすめ

 

僕の結論は以下です。

ウェルスナビはすべての人におすすめ
というのは、ほとんどの人にとって資産運用はとっつきにくいものだし、やる時間もないし、自分でやったところで負ける可能性が高いので、ノーベル賞お墨付きのロボットにおまかせで運用してもらうのが賢明な選択じゃないでしょうか。
自分でなんとしてもやるんだという人は自分で運用するのもアリだと思いますが、そういう人ばっかりじゃないと思うので、普通の人が普通に資産運用していく分にはまったく問題ない選択だと思います。というのも世界中の株式に分散して投資しているということは、言い換えると世界経済が成長する限りその分はリターンとして見込めるからです。世界経済が成長する確実性っていうのは、1企業が成長する確実性よりも圧倒的に高いと断言できます。だからウェルスナビで運用しても大きな損になる可能性は限りなく小さく、期待リターンもほぼ確実性が高いと言えると思います。これが私が推す理由です。
詳細はぜひ公式サイトで確認してくださいね。

ウェルスナビ公式サイトへ

 

ウェルスナビの平均的な利回りを知りたいという人はこちらの記事を参照してください。

関連記事

みなさん、こんにちは!「かぶタウン」を運営している者です。   今回は以下のような方に役立つ記事になっています。   ・ウェルスナビの利回りを知りたい ・ウェルスナビをやってみようと考えているけど、[…]

 

まとめ

 

・ウェルスナビとは自動で資産運用してくれるロボアドバイザー

・ノーベル賞受賞のポートフォリオ理論を適用

・世界中の株式に分散して投資

・世界経済の成長の恩恵を受けられる

・以上から万人におすすめできる投資方法

【管理人のポートフォリオ限定公開中!】

10年間年率20%以上を達成し続ける管理人の現在のポートフォリオを限定公開しています。管理人はウォーレン・バフェット、ピーター・リンチを尊敬しており、その投資手法でこれまでに資産を100倍ほどに拡大してきました。投資のノウハウをこのサイトで公開する一方で、今も現役の株式投資家として株に携わっています。どういう株に投資しているか知りたい方はぜひチェックして見てください。

 

詳細を開く

Twitterで最新情報をつぶやいてます!